このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
愛知淑徳大学図書館 (3310015)管理番号
(Control number)
ASN2021-16
事例作成日
(Creation date)
2021年12月07日登録日時
(Registration date)
2022年01月11日 09時39分更新日時
(Last update)
2022年01月25日 15時43分
質問
(Question)
巡査の社会的立場(身分や権力)に、どれほどの差があったのか。
作品の初出が大正元年なので、それ以前の範囲で知りたい。

【背景】
ゼミの発表準備で、志賀直哉の「正義派」を担当することになった。
その中で線路工夫と巡査が対立するのを見て、気になった。
 [作品初出]
  志賀直哉"正義派"朱樂 1912.09
  確認資料:『日本近代文学年表』(小田切進編 小学館 1993.12 91026/O172-5)

時代背景として、労働運動・鉄道ストライキがあったことを確認している。


【関連質問】
ASN2021-15  https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000310188
回答
(Answer)
待遇・賃金などの周辺情報も併せて紹介しています。

詳細は、回答プロセスをご確認ください。
回答プロセス
(Answering process)
1.基本事項の確認
1-1.JapanKnowledge[契約データベース]
「巡査」(『日本大百科全書(ニッポニカ)』)
  警察官の階級の一つ。巡査の名称が最初に用いられたのは、1872年(明治5)の警保寮職制
  (太政官 (だじょうかん) 布告)においてであるが、当時の巡査は一等から三等までの3階級に
  分かれており、現在の巡査と異なったものであった。

「巡査」(『日本国語大辞典』)
  公安の維持や犯罪の捜査・逮捕などの仕事をする。
  明治初期、東京の警吏は、「府兵」「取締」「邏卒」などと呼ばれていた。「巡査」が初めて使用
  されたのは、挙例の太政官布告で、続いて1874年に、東京では警吏の名称として「邏卒」が廃止
  され、「巡査」に統一された。全国的に「巡査」と改称されたのは、その翌年の1875年であった。

1-2.レファレンス資料 <分類:2106(日本近代史)、351(統計学)>
【★1】『明治時代史大辞典, 2』
 p.248「巡査」
    警察官の一番下の階級。民衆への態度の背景や、エリート警察官層と格差があったこと
    などの記述がある。参考文献あり。

○次の資料からは、回答に繋がる記述を確認できなかった。
 『明治大正国勢総覧, 復刻版』(東洋経済新報社編 東洋経済新報社 1975 351/ME25)


2.図書
2-1.【★1】の参考文献から探す
【★2】『官僚制・警察(日本近代思想大系3)』
 前半に史料、後半に解説を掲載している。
  p.466-500 「日本近代警察の確立過程とその思想」(大日方純夫)
  p.480- 巡査の採用について。
  p.492- 巡査に求められたこと。
  p.493- 民衆の警察に対する意識について。

*次の資料は貸出中のため、正確な内容を確認できていないが、
 当時の一般巡査の生活実態を紹介しているようである。
 『近代日本の警察と地域社会』(大日方純夫著 筑摩書房 2000.4 3177/O14)

●次の資料は当館に所蔵なし。他機関資料で確認が必要。
 『天皇制警察と民衆(日評選書)』(大日方純夫著 日本評論社 1987.7)
 『日本近代国家の成立と警察(歴史科学叢書)』(大日方純夫著 校倉書房 1992.11)


2-2.本学図書館所蔵資料から探す
2-2-1.本学図書館OPAC  https://cat.lib.aasa.ac.jp/drupal/
<キーワード:警察 日本、警察 近代 / 著者名:大日方純夫 / 件名:警察 日本 など>
○次の資料からは、回答に繋がる記述を確認できなかった。
 『警察の社会史(岩波新書 新赤版 271)』(大日方純夫著 岩波書店 1993.3 080/I-2/271)
 『遊郭・花街/社会外之社会/警察統計 戦前日本の社会事業・社会福祉資料 ; 第6期第8巻』
 (舟津悠紀編集・解説 柏書房 2020.7 369/SE751/6-8)

2-2-2.ブラウジング(書架を見て探す)<分類:3378(物価)、360(社会)、382(風俗史)>
【★3】『値段史年表 : 明治・大正・昭和』
  p.91「巡査の初任給」 明治7年~昭和61年までの巡査の初任給が記載。

【★4】『労働者の生活と「サボタージュ」』
 『生活不安』 (1919年) ほか全6点の翻刻した資料。
  p.29-30 「大阪府警察官俸給累年比較表」で、明治42年~大正7年の巡査達の給料を比較できる。
  p.173-185 「巡査の生活」 大正7年ではあるが、巡査の生活状況を確認できる。

【★5】『百年前の家庭生活』
 p.202-221 「第六章 家計からみた貧富の差 三、都市家庭の暮らし向き」
       「(三)下級公務員の家庭」で、巡査の初任給と家計を確認できる箇所あり。
        章末の参考文献に”「社会生活の安全期間 巡査の生活」『女学世界』第4巻第9号、
        1904年9月[丸岡秀子編『日本婦人問題資料集成 第7巻 生活』(ドメス出版社)
        124-126頁”が掲載。→【当館所蔵あり、請求記号:367/N773/7】

○次の資料からは、回答に繋がる記述を確認できなかった。
 『物価の文化史事典』(甲賀忠一, 制作部委員会編 展望社 2008.7 337821/KO24)
 『大正期の家庭生活』(湯沢雍彦編 クレス出版 2008.8 3821/Y99-1)

2-3.CiNii Books  https://ci.nii.ac.jp/books/ <キーワード:警察 生活 歴史>
●次の資料は当館に所蔵なし。他機関資料で確認が必要。
 『明治時代警察官の生活 (生活史叢書)』(岡忠郎著 雄山閣出版 1974)


2-4.Google Books  https://books.google.co.jp/
<キーワード:巡査 生活、巡査 大正時代、警察 大正時代、警察 近代 など>
【★6】『日本の戯画 : 歴史と風俗』
   p.217 「巡査の生活」
      明治40年代は巡査の横柄ぶりが相当なものがあり、横暴ぶりが板について
      「オマワリコワイ」となってしまった、とあり。巡査の生活を描いた
      風刺画も掲載。(「巡査の生活」画:北澤楽天)
   国立国会図書館デジタルコレクションでも閲覧可能。(【★7】)

【★8】『東京百年史. 第3巻』
 「第四編 日露戦争と「軍都」東京 第一章 「軍都」化と警防 第三節 警防の確立」
  p.878-880 「巡査の生活」あり
       明治22年8月の巡査服務心得で、巡査の職務について規定している。
       明治後半になると、過酷な勤務から生ずる巡査の不満が、再々民衆に向けられていた
       ことが記載されている。

【★9】『東京百年史. 第4巻』
 「第四編 世態人情の動揺 第三章 不景気と生活難 第一節 暗い話題」
  p.1067-1068 「巡査の生活苦」あり


2-5.【関連質問 ASN2021-15】の調査で発見した資料より
【★10】『就職之手引 : 最近調査』
  p.42 中学校卒業者に適する職業として警部をおすすめする中に、巡査の月給が十二圓位と記載あり。
  p.52 小学卒業者に適する職業として紹介。同じく月給十二圓と記載。


3.新聞記事
新聞記事からも当時の様子を確認することができる。
例として朝日新聞の検索結果を紹介。

【例】朝日新聞オンライン記事データベース 聞蔵 II ビジュアル[契約データベース]
<新聞縮刷版タブ / キーワード:巡査 生活 など / 発行日:1907(明治40)年~1914(大正3)年>
“巡査の大恐慌 問題は宅料弁当料 生活難の下級官吏” 1911.01.29 東京・朝刊 p.5(1段)
  →巡査の給料が安いこと、警察署によって給料の支払い方が違うなど、生活費が困窮し、不平不満が
   たまっていることが分かる。
“可驚米価の騰貴(続) 巡査の生活難 盛に内職せよ” 1912.02.25 東京・朝刊 p.5(1段)
など


<Web最終確認日:2022/01/14>
事前調査事項
(Preliminary research)
【紹介済み資料】
『歴史学事典 第9巻法と秩序』(山本博文責任編集 弘文堂 2002.2 203/R251/9)
p.334-335「巡査」
   警察官の最も下の階級。民衆への態度の背景や、エリート警察官層と格差があったこと
   などの記述がある。参考文献あり。
NDC
社会  (360 10版)
行政  (317 10版)
日本史  (210 10版)
参考資料
(Reference materials)
【★1】宮地正人, 佐藤能丸, 櫻井良樹 編 , 宮地, 正人, 1944- , 佐藤, 能丸, 1943- , 桜井, 良樹, 1957-. 明治時代史大辞典 2 (さ~な). 吉川弘文館, 2012.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023769748-00 , ISBN 9784642014625 (当館請求記号:2106/MI71-1/2)
【★2】加藤周一 [ほか]編 , 由井, 正臣, 1933-2008 , 大日方, 純夫, 1950-. 日本近代思想大系 3. 岩波書店, 1990.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002078650-00 , ISBN 400230003X (当館請求記号:121/KA86/3A)
【★3】週刊朝日 編 , 週刊朝日編集部. 値段史年表 : 明治・大正・昭和. 朝日新聞社, 1988.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001930338-00 , ISBN 4022558687 (当館請求記号:337821/SH99-1)
【★4】村嶋歸之 [著] , 村島, 帰之, 1891-1965 , 村島, 帰之, 1891-1965 , 津金沢, 聡広, 1932- , 土屋, 礼子, 1958-. 労働者の生活と【★4】「サボタージュ」. 柏書房, 2004. (村嶋歸之著作選集 : 大正・昭和の風俗批評と社会探訪 ; 第3巻)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007562745-00 , ISBN 4760126147 (当館請求記号:360/MU58/3)
【★5】湯沢雍彦, 中原順子, 奥田都子, 佐藤裕紀子 著 , 湯沢, 雍彦, 1930- , 中原, 順子 , 奥田, 都子. 百年前の家庭生活. クレス出版, 2006.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008291318-00 , ISBN 4877333363 (当館請求記号:3821/Y99)
【★6】宮尾しげを 編著 , 宮尾, しげを, 1902-1982. 日本の戯画 : 歴史と風俗. 第一法規出版, 1967.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001093481-00  (当館請求記号:721/MI81)
【★7】宮尾しげを編著 , 宮尾, しげを. 日本の戯画 : 歴史と風俗. 第一法規出版, 1967.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I009636982-00  (図書館送信参加館公開)
【★8】編集: 東京百年史編集委員会 , 東京都. 東京百年史 第3巻. 東京都, 1972.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I002600994-00  (図書館送信参加館公開)
【★9】編集: 東京百年史編集委員会 , 東京都. 東京百年史 第4巻. 東京都, 1972.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I002611333-00  (図書館送信参加館公開)
【★10】酒巻源太郎 著 , 酒巻, 源太郎. 就職之手引 : 最近調査. 盛文社, 1911.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001534253-00  (インターネット公開)
キーワード
(Keywords)
巡査
警察
警察官
生活
待遇
大正時代
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
職業
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000310501解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!