このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-21-179
事例作成日
(Creation date)
2021年10月28日登録日時
(Registration date)
2021年12月03日 15時34分更新日時
(Last update)
2021年12月08日 20時59分
質問
(Question)
『信濃奇勝録(シナノキショウロク』『蕗原拾葉(フキハラシュウヨウ)』『立科山略伝(タテシナヤマリャクデン)』の成立年代について知りたい。
回答
(Answer)
『信濃奇勝録』 天保5(1834)年
『蕗原拾葉』  不明
『立科山略伝』 不明(『蕗原拾葉』より以前に成立したと思われる。)
回答プロセス
(Answering process)
1 『信濃奇勝録』について以下の資料を調べる。
  ・明治20年の刊本『信濃奇勝録1』井出道貞著 1887【N290/47/1】
   凡例に「天保五年乃とし二月」の記述を確認する。
  ・『古典籍総合目録 第1巻』国文学研究資料館編 岩波書店 1990【025/302/1】p.429
  ・『国書総目録 第4巻』岩波書店 1966【025/39/4】p.156
  ・『新編信濃史料叢書 第13巻』信濃史料刊行会編・刊 1976【N208/43/13】p.解題1
   『信濃奇勝録』の解題には、著者である井出道貞が「本書を脱稿したのは天保五年(一八三四)二月
   のことである。」との記述を確認する。
  ・『蕗原拾葉・抄3 地理編』中村元恒・元起、岡部善治郎編 高遠町図書館 2002【N208/74/3】
   p.11 信濃奇区一覧(シナノキクイチラン)(信濃奇勝録の別名)。


2 『蕗原拾葉』は、『国書総目録 第7巻』岩波書店 1970【025/39/7】p.28に項目があるが、成立年
  の記載は確認できなかった。
  『長野県百科事典』信濃毎日新聞社開発局出版部編 信濃毎日新聞社 1981【N030/2】p.692に項目
  があり、以下の記述を確認する。

    「中村元恒(中倧)・元起父子が,信濃の歴史や地理に関する諸家の記録や遺稿の散逸不伝をお
     それ収録した一大郷土資料集成。元恒は1808(文化5)年に伊那郡上穂村(現駒ケ根市)から
     大出村(現箕輪町)に移り,1824(文政7)年には高遠に移った。『蕗原拾葉』の大半は,こ
     の大出村在住の17年間に集録されたものと考えられる。元恒の随筆『ひとつはなし』に「大
     出村は蕗原なり。余ここにありて古書の散逸ととり集めてこれを名付て蕗原拾葉といふ」とあ
     る。元恒の集めたものは54冊150巻と伝えられ,1873(明治6)年,元起はこれを朝廷に献上
     したが,のち皇居の火災のため焼失したという。その後,元起は父の編集した『蕗原拾葉』を
     自ら編集し,さらにその続編117冊338冊の集録に着手したが完成をみずに没した。(後略)」

3 『立科山略伝』は、『信濃国立科山略伝記(シナノノクニタテシナヤマリャクデンキ)』のことであ
  る。
  デジタルアーカイブサイト「信州デジタルコモンズ」で公開されているが、成立年等の記載は確認
  できなかった。
  ほか、『蕗原拾葉 下巻』長野県上伊那郡教育会編 名著出版社 1975【N208/2-1/3】p.683-700に
  も掲載されており、「信州デジタルコモンズ」で公開されている『信濃国立科嶽略御伝記』には記
  載のない文がp.685に掲載があった。(一部旧字体をなおしている)これは、『蕗原拾葉・抄3』
  (前掲)p.13 信濃国立科山略伝記の解題に「中村元恒の序文がある。」とあるように、『蕗原拾
  葉』を編纂した際に中村元恒が付けたものと思われる。

    「按諏訪神系圖。有建志郡神。元慶二年九月。叙述五位下云々。竊疑。立科山大神。即所祭建志
     郡神也。此書謂。高皇産霊大神者。恐誣。且穪。此山言位山。高井山者。皆鑿。不可取也。戌
     申冬。此書得之小縣郡四泊邨。内田平左衛。藏之    元恒識」

  また、『蕗原拾葉 下巻』p.613に「蕗原拾葉第二十輯解題」に、以下の記述があった。(一
  部旧字体をなおしている)

    信濃国立科山略伝記上下  蕗原拾葉続巻二十七、二十八
    「佐久諏訪の郡境なる立科山上に奉齋する神社を主とし、その地方の神社につき述べ、更らに、
     名勝古蹟怪異奇譚、草木等特異なるものを挙げて解説したものである。拾葉本には書寫によら
     ず、刊本をそのまゝ取入れてある。」

 「刊本をそのまま取入れてある。」とあったが、刊本の所在等の確認はできなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
一般書誌.全国書誌  (025)
叢書.全集.選集  (208)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
信濃奇勝録
信濃奇区一覧
蕗原拾葉
信濃国立科山略伝記
信濃国立科嶽略御伝記
信濃国立科嶽略伝記
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000308558解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!