このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000029113
事例作成日
(Creation date)
2019年10月01日登録日時
(Registration date)
2021年11月23日 14時57分更新日時
(Last update)
2021年11月23日 18時57分
質問
(Question)
正岡子規の「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」という俳句の後に「それにつけても金の欲しさよ」と下の句を続けたものを見たが、意味のつながりがわからない。解説してある資料はあるか。
回答
(Answer)
「それにつけても金の欲しさよ」は、金欲し付合(つけあい)と言われるもので、連歌でどんな上の句につけてもそれらしく聞こえるという。江戸中期に流行した。前半の句との関連はない。

古い記録では、藤原行定著『雑々拾遺 二』(1695(元禄8)年)に山崎宗鑑(1465?-1553?)(連歌師・俳諧師)が使ったことが記されている。『雑々拾遺』は早稲田大学古典籍総合データベースで閲覧可能。
このエピソードは、向坂咬雪軒「老士語録」(1731(享保16)年序)にも書かれており、天野政徳(1784-1861)(国学者)が随筆集『天野政徳随筆』(刊年不明)の中で「宗鑑の句」と題して「老士語録」を引いて紹介している。『天野政徳随筆』は『日本随筆大成 第3期 8』(吉川弘文館)に収録されている。

また、平賀源内(1728-1779)(博物学者・戯作者)は『風来六部集』(1780(安永9)年)に収録されている「放屁論後編」(1777(安永6)年)で「「それに付ても金のほしさよ」といへる下の句は、いづれの歌にも連続すると卑劣千万に覚え…」と述べている。当館資料では『日本古典文学大系 55』(岩波書店)に収録されている。また、『日本の名著 22』(中央公論社)で現代語訳を読むことができる。

また、太田南畝(1749-1823)(狂歌師)は、この下の句を利用し、「世の中はいつも月夜に米のめしさてまたまうしかねのほしさよ」という狂歌を詠んでいる。この句は四方赤良(よものあから)(太田南畝の別名)編『万載狂歌集』(1783(天明3)年)に収録。当館所蔵資料では『江戸狂歌本選集 第1巻』(江戸狂歌本選集刊行会/編 東京堂出版)p.235で読むことができる。
回答プロセス
(Answering process)
1.正岡子規の句集、俳句の事典などをみる 。
 →前半の句は、「寒山落木 巻四」に収録。1895(明治28)年の句稿。下の句が付いたものはなし。

2.Googleで検索すると以下のような情報が得られた。
 →室町時代後期に生きていた俳諧の祖、山崎宗鑑が考え出したということになっている
 →かつて、有名な俳句のあとに続けて 「それにつけても金の欲しさよ」 を付け加えると愉快である旨の遊びがあった。
 (例:子規)【柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺 それにつけても金の欲しさよ】
 →〈世の中は/いつも月夜と米の飯/それにつけても金の欲しさよ〉(大田南畝(なんぽ))
 →金欲し付合(つけあい)といい、「それにつけても…」をつけることによってもっともらしい狂歌にしてしまう。江戸中期に流行した(ウィキペディア)

3.上記のうちウィキペディアの参考文献から下記の資料を調べる。
 →『図説ことばあそび 遊辞苑』(荻生待也/編著 遊子館 2007)
  p.263に「金欲し付合」の項あり。「「それにつけても金の欲しさよ」の短句を付け合うことによって、いかなる長句をも狂歌の体に収斂させてしまう遊びをいう」とある。江戸中期に流行し、作例として、「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺 それにつけても金の欲しさよ」が挙げられていた。

4.『日本国語大辞典』(小学館)で「金欲し付合」を調査。
 →「金欲し付合」の項は無かったが、8巻p.527に「それにつけても金の欲しさよ」の項があった。「連歌でどんな上の句につけてもそれらしく聞こえるという下の句。山崎宗鑑の句といわれる」とある。また、用例として滑稽本・風来六部集(1780)放屁論後編に「『それに付ても金のほしさよ』といへる下の句は、いづれの歌にも連続すると卑劣千万に覚え」が挙げられている。

5.山崎宗鑑(1465年頃~1553年頃)について調べる。
 →『犬筑波集 研究と諸本』pp.434-435雑々拾遺における三條西逍遥院とのエピソードを紹介。逍遥院が「何人の歌にても」必ず相合する下の句として 「といへる歌はむかしなりけり」 という句を示したのに対し、宗鑑が「これにつけてもかねのほしさよ」という下の句がどんな歌にも相応すると答えたという。「雑々拾遺」を調べると、早稲田大学古典籍総合データベースで公開されていた。藤原行定著『雑々拾遺 二』(1695)(元禄8)に該当の記述あり。

6. 太田南畝(1749-1823)
 →『大田南畝 江戸に狂歌の花咲かす』(小林ふみ子/著 岩波書店)
p.213 世の中はいつも月夜に米のめしさてまたまうしかねのほしさよ
 (中略)「さてまた」以下の下の句は「それに付ても金のほしさよいへる下の句は、いづれの歌にも連続する」(平賀源内『放屁論後編』安永六・一七七七年刊)といわれる常套句をうまく使っている とある。この句は四方赤良(よもあから)(太田南畝の別名)編『万載狂歌集』(1783)(天明3)に収録。当館所蔵資料では『江戸狂歌本選集 第1巻』(江戸狂歌本選集刊行会/編 東京堂出版)p.235で読むことができる。

7. 平賀源内『放屁論』を調査
→『日本古典文学大系 55』(岩波書店)
p.241 「放屁論後編」「それに付ても金のほしさよ」といへる下の句は・・・」
p.438 補注 天野政徳の随筆で、向坂咬雪軒の老士語録に山崎宗鑑と逍遥院のエピソードを引いていることが記載されている。
『日本の名著 22』(中央公論社)
p.389 「放屁論続篇」の現代語訳が収録されている。

8.  天野政徳の随筆を調査
 →『日本随筆大成 第3期 8 見た京物語』(日本随筆大成編輯部/編 吉川弘文館)
  pp.37-38 「天野政徳随筆集」巻之一に「宗鑑の句」という随筆がある。向坂咬雪軒「老士語録」にある山崎宗鑑と逍遥院実隆とのエピソードを紹介している。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 10版)
参考資料
(Reference materials)
荻生待也 編著 , 荻生, 待也, 1933-. 図説ことばあそび遊辞苑. 遊子館, 2007.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009146867-00 , ISBN 9784946525841 (p.263)
日本国語大辞典第二版編集委員会, 小学館国語辞典編集部 編 , 小学館. 日本国語大辞典 第8巻 第2版. 小学館, 2001.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003023983-00 , ISBN 4095210087 (p.527)
小林ふみ子 著 , 小林, ふみ子, 1973-. 大田南畝 : 江戸に狂歌の花咲かす. 岩波書店, 2014.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025379261-00 , ISBN 9784000259712
江戸狂歌本選集刊行会 編. 江戸狂歌本選集 第1巻. 東京堂出版, 1998.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002738798-00 , ISBN 4490304501 (p.235)
福井久蔵 著 , 福井, 久蔵, 1867-1951. 犬筑波集 : 研究と諸本. 国書刊行会, 1981. (福井久蔵著作選集)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001500370-00  (pp.434-435)
平賀‖源内 , 中村‖幸彦. 日本古典文学大系 55. 岩波書店, 1977.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005621266-00  (p.241,438)
杉田‖玄白 , 芳賀‖徹 , 杉田‖玄白 , 平賀‖源内 , 司馬‖江漢. 日本の名著 22. 中央公論社, 1974.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I011088798-00  (p.389)
日本随筆大成編輯部 編. 日本随筆大成 第3期 第8巻. 吉川弘文館, 1995.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002438004-00 , ISBN 464209055X (pp.37-38)
早稲田大学古典籍総合データベース「雑々拾遺 二」
https://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/html/bunko30/bunko30_e0159/index.html  (pp.21-22)
キーワード
(Keywords)
正岡子規
山崎宗鑑
俳句
俳諧
連歌
狂歌
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000307939解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!