このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
武蔵浦和-1-00136
事例作成日
(Creation date)
2018年9月6日登録日時
(Registration date)
2021年11月12日 14時56分更新日時
(Last update)
2021年12月06日 16時41分
質問
(Question)
「春のやよいの」からはじまる越天楽今様(えてんらくいまよう)について、この歌詞は鎌倉時代の僧「慈円」によるものとされているが、そのことが明記されている資料が見たい。
回答
(Answer)
回答プロセス欄中の◎と〇がついた資料を提供した。
回答プロセス
(Answering process)
・業務システムで、慈円×業務主題検索
  ×188.42『慈円』多賀宗隼/著 吉川弘文館 1985
  ×188.4『慈円の研究』多賀宗隼/著 吉川弘文館 1980

・調べているうちに、慈円は慈鎮とも言うようなので、
 業務システムで、慈鎮×業務主題検索
  ×081.5『群書類従 第13輯』訂正3版 塙保己一/編纂 続群書類従完成会 1979
    「慈鎮自歌合」が抄録に記載あり。
     歌合の記録。

・「越天楽今様」について調べる。
  ×R210.03『国史大辞典2 う-お』吉川弘文館 1980
    p306 越天楽
        曲には触れられているが、歌詞のことは無し。

  ×R210.03『国史大辞典6 こま-しと』吉川弘文館 1985
    p648 慈円
        『愚管抄』や『新古今和歌集』のことなどは触れられているが、
        越天楽今様についての記載は無し。

  〇K767『教科書にでている童謡・唱歌のふるさと 3』大賀寛/監修・著 岩崎書店 2006
    p20「越天楽今様」4番まで歌詞あり。歌詞の解説部分に慈鎮和尚『拾玉集』で発表された和歌とあり。

  ◎R911.1『新編 国歌大観 第三巻[1]』角川書店 1985
    p739『拾玉集 第五』(慈円) 三段目「今様」花5729 郭公5730 月5731 雪5732
    この4つの和歌が4番までの歌詞になっている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000307546解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!