このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
三田市立図書館 (2300078)管理番号
(Control number)
2021033
事例作成日
(Creation date)
20210414登録日時
(Registration date)
2021年08月26日 17時56分更新日時
(Last update)
2022年08月10日 12時27分
質問
(Question)
織田信長、豊臣秀吉がそれぞれどのような朱印・黒印を使っていたか。またどのように使いわけていたか。
回答
(Answer)
信長は朱印、黒印両方を使い、秀吉は朱印を用いたが黒印に関してははっきりとは分からない等、調査結果をお伝えした。
資料①~⑤についてコピーをとっていかれた。
回答プロセス
(Answering process)
①『国史大辞典2』国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1980 (110073525) P849-P851 織田信長の項に信長の印影(「天下布武」の印4種他)あり。(白黒)
②『国史大辞典5』国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1985 (110073558) P610-P611 黒印の項、黒印状の項に黒印状は朱印状より略式の文書に限り使用された。信長の印判状でも黒印は礼状等私信文書に限るのに対し、朱印は指令に限った、とある。書状に押された印影あり(白黒)
③『国史大辞典7』国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1986 (110073574)P242-P243 朱印状の項、信長は朱黒両方の印版状を発したが、司令は朱印、私信的なものは黒印を使った、とある。
④『図説織田信長』小和田哲男・宮上茂隆/編 河出書房新社 2002(112845458)P45 「天下布武」印(カラー)とその印の変化についての記載あり。
⑤『図説豊臣秀吉』柴裕之/編 戎光祥出版 2020 (114605868)朱印の画像あり
⑥ウイキペディア 朱印状に秀吉は朱印のみ用いたとの記載が見られる
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『国史大辞典2』国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1980
『国史大辞典5』国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1985
『国史大辞典7』国史大辞典編集委員会/編 吉川弘文館 1986
『図説織田信長』小和田哲男・宮上茂隆/編 河出書房新社 2002
『図説豊臣秀吉』柴裕之/編 戎光祥出版 2020
キーワード
(Keywords)
朱印
黒印
織田信長
豊臣秀吉
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000303704解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!