このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
西宮市立中央図書館 (2310069)管理番号
(Control number)
6000006301
事例作成日
(Creation date)
2019/12/10登録日時
(Registration date)
2021年06月23日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年06月25日 11時46分
質問
(Question)
韓国での自殺についてレポートを書きたい。関連する本はないか。
回答
(Answer)
『オーディション社会 韓国』
「第7章 家庭崩壊と自殺大国」(p178-)政治家や芸能人など著名人の自殺のほか、韓国でニュースとなったエリート学生や軍人の自殺についての記述や、経済協力開発機構(OECD)や韓国統計庁による自殺関連の統計の記載あり。

『韓国のグローバル人材育成力 超競争社会の真実』
「第6章 韓国の課題 長所は短所」(p190-)競争意識・危機意識が高く、勉強や留学に励む韓国人の長所が、一方で敗者を生み出し、格差社会のひずみを広げ、幸福度の低さ、自殺率の高さといった問題につながっているのではないかといった記述あり。

『なぜ子どもは自殺するのか その実態とエビデンスに基づく予防戦略』
「自殺率の国際比較」(p14)や「若者(15ー24歳)の自殺率の推移の国際比較」(p16)の統計に韓国も含まれている。

また、『図表でみる世界の主要統計 2014年』(経済協力開発機構/編著 明石書店 2015年)に自殺率のページがあるほか(p240-241)、『国際比較統計索引 2010』(p879)によると、自殺死亡率の国際比較(上位50か国)と主要国の自殺死亡率が『自殺対策白書』(本市図書館未所蔵・兵庫県立図書館に令和2年度版所蔵)に掲載されているとのこと。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
なぜ子どもは自殺するのか 傳田 健三/著 新興医学出版社(2018年)
韓国のグローバル人材育成力 岩渕 秀樹/著 講談社(2013年)
オーディション社会韓国 佐藤 大介/著 新潮社(2012年)
図表でみる世界の主要統計 2014年版 経済協力開発機構/編著 明石書店(2015年)
キーワード
(Keywords)
韓国、自殺
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000300657解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!