このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-21-033
事例作成日
(Creation date)
2021年05月31日登録日時
(Registration date)
2021年05月29日 21時46分更新日時
(Last update)
2021年06月13日 13時15分
質問
(Question)
北信濃とは、どの辺を指すのか。奥信濃とは違うのか。
回答
(Answer)
『ふるさと地理誌2』信濃毎日新聞社編・刊 1985 【N290/134/2】の目次が善光寺平と北信濃に分かれており、収録されている地域が、
    信州新町(上水内郡 現・長野市)、小川村(上水内郡)、中条村(上水内郡 現・長野市)、鬼無
   里村(上水内郡 現・長野市)、戸隠村(上水内郡 現・長野市)、豊野町(上水内郡 現・長野
   市)、牟礼村(上水内郡 現・飯綱町)、三水村(上水内郡 現・飯綱町)、信濃町(上水内郡)、中
   野市、飯山市、山ノ内町(下高井郡)、木島平村(下高井郡)、野沢温泉村(下高井郡)、豊田村
  (下水内郡 現・中野市)、栄村(下水内郡)
となっている。

『角川日本地名大辞典20 長野県』角川日本地名大辞典編纂委員会編 角川書店 1990【N293/18】p.272には、
    [奥信濃] 県北東部の汎称。飯山市・下水内郡豊田村(現・中野市)・同郡栄村・下高井郡木島
         平村・同郡野沢温泉村をさす。飯水岳北地域ともいう。
とあるが、[北信濃]の項目はない。

『北信濃物語』田子修一編 長野県国語国文学会 一草舎 2008【291.52/タシ】凡例に
    本書は須坂以北の北信濃地方ゆかりの作家・著名人のエッセイ、および日記、記録等を一冊にまと
   めた「随筆にみるふるさと物語」です。
とあり、収録地域は、須坂市、小布施町、中野市、山ノ内町、木島平村、飯山市、野沢温泉村、栄村、信濃町。

 なお、『長野県の地名』 平凡社 1979 (日本歴史地名大系20)【N290.3/54】には、[北信濃][奥信濃]ともに記載がなく、『長野県百科事典』補訂版 信濃毎日新聞社開発局新聞社編 信濃毎日新聞社 1981【N030/2a】には、[奥信濃方言]があるのみ。これは、下水内郡栄村の方言を指す。

 これらのことから、北信濃という地域を指す名称に明確な括りはないと思われる。

 なお、『令和版やさしい長野県の教科書地理』しなのき書房 2020【291.52/イマ】p.146に、北信地域について記述があり、
    北信地域は行政上、長野・千曲・須坂・中野・飯山の5市、埴科郡(坂城町)、上高井郡(小布施
   町・高山村)・下高井郡(山ノ内町・木島平村・野沢温泉村)・上水内郡(信濃町・飯綱町・小川
   村)・下水内郡(栄村)の5郡5町5村からなる。
とある。
 長野県の公式サイトでは県を行政上、10広域としており、上記の北信地域は「長野地域」と「北信地域」に分けられている。【最終確認2021.5.29】
 長野地域:長野市・須坂市・千曲市・埴科郡(坂城町)・上高井郡(小布施町・高山村)・上水内郡
      (信濃町・飯綱町・小川村)
 北信地域:中野市・飯山市・下高井郡(山ノ内町・木島平村・野沢温泉村)・下水内郡(栄村)
回答プロセス
(Answering process)
1 『長野県百科事典』『角川日本地名大辞典20 長野県』『長野県の地名』などを見るが、北信濃を明確に規定する項目は確認できない。

2 『ふるさと地理誌2』では、目次で、善光寺平と北信濃を分けている。北信濃には、現在長野市に合併されている地域も含まれており、中野市・飯山市・上水内郡、下水内郡、下高井郡が含まれている。

3 『北信濃物語』をみると、須坂市、小布施町、中野市、山ノ内町、木島平村、飯山市、野沢温泉村、栄村、信濃町。高山村の記載はないが、収録するゆかりのエッセイがなかったためと思われる。

4 当館資料を「北信濃」で書名検索し収録地域を見ていくが、各書籍によって収録されている地域が異なっている。

<調査資料>
・『はみだす 1992 現代信州の基礎知識』 県民Cチーム著 銀河書房 1992 【N049/94a】
・『長野県の歴史 県史20』 古川貞雄著 山川出版社 2010 【N209/13b】
・『信州の歴史と文化 山と平と文学と』
     信州大学「信州の歴史と文化」編集委員会編 郷土出版社 1995 【N209/36】
・『信州学セミナー「信州合衆国」の歴史と文化』市川健夫著 信濃教育会出版部 2000 【N209/44】
・『あなたの知らない長野県の歴史 歴史新書』 山本博文監修 洋泉社 2014 【N209/51】
・『もっと知りたい長野県の歴史 歴史新書』 小和田哲男監修 洋泉社 2015 【N209/53】
・『長野「地理・地名・地図」の謎 意外と知らない‟信州“の歴史を読み解く!』
   原智子編 実業之日本社 2014 【N290/261】
・『信州学大全』 市川健夫著 信濃毎日新聞社 2004 【N293/64】
・『ほんとうの信州 信濃の国のかたち』 角憲和編著 岳風書房 2003 【N302/10】
・『信州学入門』 市川健夫著 信濃教育会出版部 1989 【N290/145】
・『信州学ノート』 市川健夫著 信濃教育会出版部 1994【N290/171】
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中部地方  (215 10版)
参考資料
(Reference materials)
信濃毎日新聞社/編 , 信濃毎日新聞社. ふるさと地理誌 2. 信濃毎日新聞社.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I059277876-00  (【N290/134/2】)
「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編纂. 角川日本地名大辞典 20 (長野県). 角川書店, 1990.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002055045-00 , ISBN 4040012003
キーワード
(Keywords)
北信濃
奥信濃
北信
地名
信州学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000299516解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!