このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
9337005
事例作成日
(Creation date)
2021/03/22登録日時
(Registration date)
2021年04月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年04月23日 10時51分
質問
(Question)
『滋賀県の地質と窯業原料資源』に、亜炭についての記述があるか教えてください。
昭和30年代まで、県内で産出されていた亜炭が、信楽焼きの燃料にされたかどうかを知りたいため、調べています。
回答
(Answer)
お尋ねの件について、以下のとおり回答します。

『滋賀県の地質と窯業原料資源』【当館請求記号:Y121-250-283】は、

Ⅰ.滋賀県の地質概略 
Ⅱ.窯業原料資源 1.陶石 2.ペグマタイト質珪石・長石 3.アプライト(長石) 4.粘土  
参考文献 

という構成です。

亜炭については、Ⅰの中で「古琵琶湖層群下部には亜炭や耐火粘土を挟在しており、このうち耐火粘土類は「信楽焼」などの窯業原料資源としてきわめて重要な資源である。」と記述されています(p.1)。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『滋賀県統計書』
『日本地方鉱床誌 近畿地方』
『近江鈴鹿の鉱山の歴史』
『滋賀県鉱工業生産動向』
『滋賀県史昭和篇』
『甲賀市史』
『信楽町誌』
一般的には、亜炭は温度が低いため、窯業の本焼には使えないが、乾燥用とか、素焼き用には利用されている(『亜炭』野口清 高志書房p.73 1948)とのことです。
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
議官(レファレンス)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000296360解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!