このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
千葉県立東部図書館 (2110047)管理番号
(Control number)
千県東-2020-0014
事例作成日
(Creation date)
2020年07月15日登録日時
(Registration date)
2021年03月08日 14時56分更新日時
(Last update)
2021年03月08日 17時03分
質問
(Question)
旭市清和にある熊野神社について、特に由緒を知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料に、情報が掲載されていました。
由緒は、紀州の熊野権現が三川浦に現れたという説と、紀州熊野大社から分霊して鎮座させたという説がありました。どちらの場合も、三川を経て清和に鎮座したと書かれています。

【資料1】『千葉県神社名鑑』(千葉県神社名鑑刊行委員会編 千葉県神社庁 1987)
p537「熊野神社(通称 権現様)」に、基本情報、由緒などが書かれています。どこから勧請されたかは記載がなく、「松沢荘の総鎮守として大同元年に三川を経て勧請された」とのみありました。

【資料2】『干潟町史』(干潟町史編纂委員会編集 千葉県香取郡干潟町 1975)
p522-538「3 熊野神社の由緒と三川御神幸」
p524-525に載っている天保14年(1843)の文書には、「古く村上天皇の天暦9年(955)9月5日海上郡三川村の海中出現にて当村に鎮座された」との記述がありました。

【資料3】『日本歴史地名大系 12 千葉県の地名』(平凡社 東京 1996)
p551「熊野神社 干潟町清和乙」
天保2年(806)の文書によれば、大同元年(806)に海上郡三川村の浦長我留前氏に紀州の熊野大神からの夢告げがあり、150年後の天暦9年(955)に西へ移る旨の夢告げが再度あり、それがこの神社である、という由来が記されていました。

【資料4】『角川日本地名大辞典 12 千葉県』(「角川日本地名大辞典」編纂委員会編 角川書店 1984)
p335「熊野神社(干潟町)」
「社伝によれば、大同元年に海上郡三川の里人が夢想に感じて神体を背負って当地に奉斎し、承和2年9月になって紀伊国熊野から神霊を勧請した」のが創祀である、との記述がありました。

【資料5】「松沢 熊野神社」( https://kumanojinja.kajiro.jp
松沢熊野神社の公式HPです。「御祭神・由緒」には、大同元年(806年)に紀国熊野の御分霊を三川浦(現旭市三川)に奉祀し、天暦九乙卯年(955年)に「仁良(現:香取市)を経て」現在の地へ移された旨が記されています。

【資料6】千葉県公式観光物産サイト「まるごとeちば 旭市/熊野神社 周辺地域で最も古いといわれる熊野神社」( https://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/3026
基本情報のほか「大同元年(806年)に東国開発の守護神として、紀の国(和歌山県)に鎮座される熊野の大神の分霊が三川浦熊野堆(現旭市三川)に祀られ、その150年後(中略)現在の清和乙に勧請された神社」と書かれています。

【資料7】「熊野神社の由緒と沿革」(『ひかたの歴史と民俗』 第3号 2001年3月)p2-15
大同元年(806年)、我留前氏の夢のお告げにより、東国開発の守護として紀州から三川へ分霊して祀られ、天暦9年(955)に現在の地へ移したという縁起が紹介されている一方、山田町仲仁良へまず祀られたという説も紹介されていました。
回答プロセス
(Answering process)
・千葉県の神社なので【資料1】を確認したところ、旧干潟町に位置していたことがわかったので【資料2】―【資料4】を確認した。
・Googleで「旭市 熊野神社」で検索し、【資料5】【資料6】を見つけた。
・菜の花ライブラリーで「熊野神社」と検索し、【資料7】を見つけた。
・CiNii Articesで「干潟町 熊野神社」「旭市 熊野神社」と検索したが、情報は見つけられなかった。
・以下の資料では情報を見つけられず。
『ふさの国の文化財総覧 第2巻 海匝・香取・印旛』(千葉県教育庁教育振興部文化財課編集 千葉県教育庁教育振興部文化財課 2004)
神楽についての説明のみ。
『干潟町の文化財 文化財要覧』(干潟町教育委員会 1980)
足立純男「千葉県の神社、特に熊野神社について」(『忘らえぬかも』7号 2012年4月)p12-18
(インタ-ネット最終アクセス:2020年7月15日)
※参考資料末尾の数字は資料番号です。
事前調査事項
(Preliminary research)
『旭市史』は確認したが情報は見つからなかった。
NDC
神社.神職  (175 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『千葉県神社名鑑』(千葉県神社名鑑刊行委員会編 千葉県神社庁 1987)(2100460277)
【資料2】『干潟町史』(干潟町史編纂委員会編集 千葉県香取郡干潟町 1975)(2101046010)
【資料3】『日本歴史地名大系 12 千葉県の地名』(平凡社 東京 1996)(2100572193)
【資料4】『角川日本地名大辞典 12 千葉県』(「角川日本地名大辞典」編纂委員会編 角川書店 1984)(2100519919)
【資料5】「松沢 熊野神社」( https://kumanojinja.kajiro.jp
【資料6】千葉県公式観光物産サイト「まるごとeちば 旭市/熊野神社 周辺地域で最も古いといわれる熊野神社」( https://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/3026
【資料7】「熊野神社の由緒と沿革」(『ひかたの歴史と民俗』 第3号 2001年3月)p2-15
キーワード
(Keywords)
千葉県-旭市-神社(チバケン-アサヒシ-ジンジャ)
熊野神社(クマノジンジャ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000294832解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!