このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
牛久市立中央図書館 (2310059)管理番号
(Control number)
牛久ー1610
事例作成日
(Creation date)
2018/11/21登録日時
(Registration date)
2020年10月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年10月27日 00時30分
質問
(Question)
和ろうそくについて載っている資料はないか。和ろうそくの作り方ではなく、和ろうそくについてわかりやすい説明を知りたい。
回答
(Answer)
次の資料を紹介する。
・『子どもに伝えたい和の技術 5 あかり』(和の技術を知る会/文溪堂/2016.2)…p10-13
・『くらしを変えてきたあかりの大研究』(深光富士男/PHP研究所/2010.11)…p34-37
・『日本の手仕事 [4]』( 遠藤ケイ絵と文/汐文社/2018.1)…p46-51
・『日本のくらしの知恵事典』(神野善治監修/岩崎書店/2008.9)…p128-129
回答プロセス
(Answering process)
1.一般件名「ろうそく」で自館資料検索し、キャンドルの作り方についての一般書が多数ヒット。和ろうそくについての資料は一般書1件のみ。
(1)『和ろうそくの世界』(大石孔[ほか]/文葉社/2002.7)…貸出中のため紹介できず。
 
2.フリーワード「和ろうそく」として再検索。(1)の資料に加え、児童書が1件ヒット。
(2)『子どもに伝えたい和の技術 5 あかり』(和の技術を知る会/文溪堂/2016.2)
…p10-13に「和ろうそく」の材料、作り方、日本各地の産地、洋ろうそくとの違い等が写真付きで記述あり。
 
3.(2)の検索結果より、学習件名「明かり」で自館資料検索し次の資料にあたる。
(3)『あかりのはなし』(小林卓二/さ・え・ら書房/1982.4)…記載なし
 
(4)『くらしを変えてきたあかりの大研究』(深光富士男/PHP研究所/2010.11)
…p34-35に「和ろうそく」は室町時代から生産され、ウルシやハゼの木の実からしぼり取ったロウを使ったが、完成するまでには労力が必要で、長らく高価な品だった。江戸時代になると、燭台や提灯などのろうそく用火具が発達し、「和ろうそく」の普及が急速に進み価格も下がったが、明治時代に安くて便利な洋ろうそくが外国から入ると「和ろうそく」の需要は急激に落ち込んだとの記述あり。
…p36-37にろうそくを立てる燭台の説明と「和ろうそく」は芯は燃えきらず残るので、芯が折れて下に落ち火災の危険性もあり、芯切りは必要との記述あり。
 
4.学習件名「ろうそく」として自館資料検索。書誌情報を確認し次の資料にあたる。
(5)『日本の手仕事 [4]』(遠藤ケイ絵と文/汐文社/2018.1)
…p46-49に絵入りで作り方の説明あり。
…p50-51に「和ろうろく」の誕生は室町時代。ハゼノキの実から採取した木ロウで作ったものが主流。江戸時代に一般に普及し、明治以降、洋ロウソクが普及するまで使用されたとの記述あり。
 
(6)『日本のくらしの知恵事典』(神野善治監修/岩崎書店/2008.9)
…p128-129に日本に昔からあるろうそくで、ハゼの実から絞った「木ロウ」という油から作り、燭台に立てたり、ちょうちんの中に入れて使うとの記述あり。ろうそくに絵を描いた「絵ろうそく」や赤い色をかけておめでたい時や法事などに使った「朱ろうそく」の種類があるとの記述あり。
 
→以上の結果より(2)(4)(5)(6)の資料を紹介する。
 
5.追加調査で、後日(1)の資料にあたる。
(1)『和ろうそくの世界』(大石孔[ほか]/文葉社/2002.7)
…「和ろうそく」の特徴、歴史、構造についての記述あり。日本各地の産地と製造工程について写真付きで説明あり。
 
6.次に、「和ろうそく」は古民具や民族関係の資料にあるのではと考え、「R38-」の棚をブラウジングし、次の資料にあたる。
(7)『絵引民具の事典』(岩井宏實監修/河出書房新社/2008.9)
…p214-215「蝋燭」の項目に「和ろうそく」の記述あり。戦国時代にウルシ・エゴマ・ハゼなどからとった木蝋で作られ普及していった。江戸時代には各地で生産が進み、京都・会津・越前・越後などの産地も出現したが、一般庶民にとっては贅沢品で特別な時だけに使い、日常では油皿の灯油を灯した。会津ではウルシ蝋を材料にして菊などの絵蝋燭がつくられ、祭事や仏事用または土産品として知られたとの記述あり。
 
(8)『住(すまい)の民俗事典』(森隆男編/柊風舎/2019.2)
…p503-504にろうそくの生産が本格化するのは戦国時代あたりからで、ウルシやハゼの実から木蝋を抽出する技術が確率した。江戸時代には、ハゼの栽培が増え、各地にろうそくの生産地ができ、江戸や大阪に専門の問屋ができた。江戸時代のろうそくは、地域によって原料に違いがあり、庶民にとっては贅沢な照明であったとの記述あり。
 
(9)『日本の生活環境文化大事典』(日本民俗建築学会編/柏書房/2010.6)
…p370-373の「照明」の項目の中に「蝋のあかり」として、「和蝋燭(木蝋燭)」は室町時代頃から作られるようになり、江戸時代には全国各地で作られるようになった。「和蝋燭」は漆や櫨(ハゼ)の実から取った蝋を原料とするもので、東北日本には漆蝋が、西日本のは櫨蝋が生産される。明治時代のはじめ西洋蝋燭が輸入され、国産の安価な西洋蝋燭が出回り、和蝋燭に変わって広まったとの記述あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
電灯.照明.電熱  (545 10版)
衣住食の習俗  (383 10版)
油脂類  (576 10版)
参考資料
(Reference materials)
B10337131 和ろうそくの世界 大石孔/[ほか]著 文葉社 2002.7 576.4 9784998090755
B10676513 子どもに伝えたい和の技術 5 あかり 和の技術を知る会/著 文溪堂 2016.2 502.1 978-4-7999-0147-2
B10610749 くらしを変えてきたあかりの大研究 深光富士男/著 PHP研究所 2010.11 545.02 978-4-569-78099-3
B10758778 日本の手仕事 [4] 遠藤ケイ/絵と文 汐文社 2018.1 502.1 978-4-8113-2403-6
B10586327 日本のくらしの知恵事典 神野善治/監修 岩崎書店 2008.9 382.1 978-4-265-05958-4
B10585869 絵引民具の事典 岩井宏實/監修 河出書房新社 2008.9 383.93 978-4-309-22487-9
B10805373 住(すまい)の民俗事典 森隆男/編 柊風舎 2019.2 383.9 978-4-86498-061-6
B10605157 日本の生活環境文化大事典 日本民俗建築学会/編 柏書房 2010.6 382.1 978-4-7601-3818-0
あかりのはなし 小林卓二/著 さ・え・ら書房 1982.4 545 9784378037073
キーワード
(Keywords)
和ろうそく
ろうそく
明かり
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000288676解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!