このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B2020口頭0702
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2020年07月08日 16時37分更新日時
(Last update)
2020年07月16日 17時13分
質問
(Question)
以下の論文を探しているが、論文名や正確な雑誌名などが分からない。探し方を教えてほしい。あわせて、この論文を複写したい。可能であれば、来館せずに複写物を受け取りたい。
著者名:Tanaka K. et al.
雑誌名:Rapid Commun. Mass Spectrom
巻号:2(8)
ページ(発行年):pp.151-153(1988)
回答
(Answer)
論文名が分からない場合は、正確な雑誌名(完全誌名)から検索し、巻号やページで論文名を特定することになります。正確な雑誌名を特定する方法の例として、インターネット情報1を紹介します。
インターネットの最終アクセス日は2020年6月11日です。

インターネット情報1
CiNii Books( https://ci.nii.ac.jp/books/
CiNii Booksでは略誌名(正確な雑誌名を省略して書いたもの)から完全誌名を特定するなど、正確な雑誌名を確認できる場合があります。
検索画面で「雑誌」を選択し、タイトルに「Rapid Commun. Mass Spectrom」と入力し検索すると、「Rapid communications in mass spectrometry : RCM」がヒットします。詳細表示画面の書誌事項に「タイトル別名 Rapid commun. mass spectrom」という記載があるため、この二つが同一の雑誌であることが分かります。

正確な雑誌名を特定できたら、国立国会図書館オンライン( https://ndlonline.ndl.go.jp/ )で所蔵を確認します。詳細検索で「雑誌」を選択し、タイトルに「Rapid communications in mass spectrometry」と入力し検索すると、冊子体の資料1と電子ジャーナル1がヒットします。【 】内は当館の請求記号です。

資料1
RCM : Rapid Communications in MASS Spectrometry【Z54-G722】
書誌詳細画面( https://id.ndl.go.jp/bib/000000148706 )で「所蔵情報」を確認すると、2(8)は欠号となっています。

電子ジャーナル1
雑誌名:Rapid Communications in Mass Spectrometry
収録データベース:Wiley Online Library (Backfile Complete)
検索結果で雲マークが付いているのがオンライン資料です。書誌詳細画面( https://id.ndl.go.jp/ejournal/954925574961 )にある「一次資料へのリンク」をクリックすると、国立国会図書館Database Linkerに遷移します。ご照会の雑誌の発行年が1988年のため、利用可能期間が1987年から1995年までである「Wiley Online Library Backfile Complete」の方 に、「2巻、8号」と入力し「GO」をクリックします。うまく遷移しない場合は巻号を入力せずに「GO」をクリックし、遷移後のページで巻号を選択してください。
該当する巻号のページで書誌事項1が分かります。また、国立国会図書館の館内ではご照会の論文の全文をPDFで閲覧できます。

書誌事項1
論文名:Protein and polymer analyses up to m/z 100 000 by laser ionization time‐of‐flight mass spectrometry
著者名:Koichi Tanaka, Hiroaki Waki, Yutaka Ido, Satoshi Akita, Yoshikazu Yoshida, Tamio Yoshida, T. Matsuo
雑誌名:Rapid Communications in MASS Spectrometry
巻号:Volume 2, Issue 8
ページ(発行年月):pp.151-153(August 1988)

国立国会図書館(NDL)の登録利用者は、来館せずに複写を申し込み、郵送または宅配で複写物を受け取ることができます(遠隔複写サービス)。
なお、複写できる資料は、国立国会図書館の所蔵資料および、契約により館内で利用できる電子ジャーナルに限られます。
遠隔複写の対象となる電子ジャーナルは、国立国会図書館オンライン「電子情報(電子ジャーナルなど)」( https://ndlonline.ndl.go.jp/#!/database )のページに列挙されているデータベースのうち、「遠隔複写:可」と表示されているものに収録されている電子ジャーナルです。
詳しくは下記案内をご覧ください。
国立国会図書館の遠隔複写サービス( https://www.ndl.go.jp/jp/copy/remote/index.html

ご照会の論文が収録されている電子ジャーナル1は、現在のところ遠隔複写が可能です。

遠隔複写サービスのお申込みは、国立国会図書館オンライン( https://ndlonline.ndl.go.jp/ )の画面から行うことができます。書誌詳細画面で資料を選択し、複写箇所を入力した上で、申込カート画面から申込み手続きを行う流れとなります。
詳しくは下記案内をご覧ください。
国立国会図書館オンラインのヘルプ>6A. 申込方法(個人)>4 遠隔複写( https://ndlonline.ndl.go.jp/static/ja/help-6a/index.html?lang=ja#menu6a-4


正確な雑誌名の調べ方については、国立国会図書館提供調べ方ページ「リサーチ・ナビ」内に、パスファインダー「引用文献の調べ方」を掲載していますので、ご覧ください。
・引用文献の調べ方( https://rnavi.ndl.go.jp/stm/post-6.php

また、国立国会図書館刊行の「NDL書誌情報ニュースレター」では、「国立国会図書館で利用できる電子ブック・電子ジャーナルの検索方法および遠隔複写サービスの申込み方法」( https://www.ndl.go.jp/jp/data/bib_newsletter/2018_4/article_03.html )を紹介していますので、あわせてご覧ください。

なお、電子ジャーナルの利用可否は契約状況により異なりますので、最新の状況は国立国会図書館オンラインでご確認ください。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
完全誌名
略誌名
引用文献
CiNii Books
遠隔複写
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
科学技術
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000284396解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!