このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-20-023
事例作成日
(Creation date)
2020年5月16日登録日時
(Registration date)
2020年06月11日 12時56分更新日時
(Last update)
2020年07月09日 08時36分
質問
(Question)
長野県の旧郡名、村名に「中稲郡」「南尾村」はあるか?
回答
(Answer)
 当県の過去の地名を調査したが、中稲郡、および南尾村という行政区名は確認できなかった。

 当県の明治前の郡名(元禄郷帳)は、伊那(いな)、諏訪(すわ)、筑摩(ちくま)、安曇(あずみ)、水内(みのち)、高井、更級(さらしな)、埴科(はにしな)、小県(ちいさがた)、佐久(さく)で、明治期の郡名は上伊那、下伊那、諏訪、西筑摩、東筑摩、南安曇、北安曇、上水内、下水内、上高井、下高井、更級、埴科、小県、南佐久、北佐久となっている。(「国郡沿革表」『角川地名大辞典 20 長野県』p.1661)

 当館契約データベース「Japan Knowledge」に収録されている平凡社の『日本歴史地名大系』で、全国の地名として「中稲」「南尾」でも調査してみたが、「中稲」という地名は確認できなかった。「南尾村」は福岡県嘉穂郡に「みなみおむら」があり、現在は飯塚市となっている。また、兵庫県出石郡に「みのおむら」があり、現在の豊岡市となっている。

 「なかて」「なかいね」などと音が似ている地名は、県内には思い当たるものはなかった。「いね」と音が似ている地名には「伊那(いな)」があり、郡名も「上伊那郡」「下伊那郡」があるる。しかし、「中」がつく郡名は当県には該当がないため、表記が違っているとも考えにくいかと思われる。
また、「みなみお」「みのお」という村名もない。しかし、『日本歴史地名大系 20』の索引を見ていくと、「南大出村(上伊那郡 みなみおおいでむら)」「南大井村(小諸市 みなみおおいむら)」「箕輪村(上伊那郡 みのわむら)」など、少しだけ語感の似ている村名も見受けられるが、表記が大きく異なるため、判断材料としても難しいかと思われる。
回答プロセス
(Answering process)
1 『角川地名大辞典 20 長野県』 角川日本地名大辞典編纂委員会 角川書店 1990【N293/18】および『日本歴史地名大系 20』 平凡社 1979 (長野県の地名) 【291.03/ニホ/20】で、「中稲」「南尾」をひくが、該当なし。念のため、『角川地名大辞典 20 長野県』p.1661の「国郡沿革表」でも確認する。

2 当館契約データベース「Japan Knowledge」に収録されている平凡社の『日本歴史地名大系』で、「中稲」「南尾」を検索する。「中稲」には該当がなく、「南尾」は福岡県、兵庫県の旧村名として2件該当あり。

3 『古代地名大辞典』 角川文化振興財団 角川書店 1999 【291.03/カド/2】を調べるも、該当なし。

4 『日本歴史地名大系 20』の索引で、語感の似ている地名を探す。

<調査済み資料>
・『信州ふるさと変遷史』 新版 松橋好文編 一草舎出版 2006 【N290.3/46a】
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 10版)
中部地方  (215 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
旧村名
旧郡名
信州学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000282997解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!