このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京歴-488
事例作成日
(Creation date)
2019年02月01日登録日時
(Registration date)
2020年05月29日 09時00分更新日時
(Last update)
2020年05月29日 11時14分
質問
(Question)
京都府内の町家を中心に、どのような樹種の木材が使われていたか分かる資料はないか。
回答
(Answer)
『近世京都の町・町家・町家大工』(①)のpp.50-88「第三章 天明大火直後の京都における町家普請―寛政二、三年「注文帳」を中心に―」に、色々な町家の用途ごとの材種が記載されている。この章では、町家の大工であった近江屋吉兵衛の「注文帳」を取り上げ、受注した町家の所要材木の材種・寸法・価格等を調査している。
一例として、p.56に掲載の「表2-1<小田原屋角兵衛>木寄」から、用途毎の材種を一部記載すると、
「表柱、取置はしら、表桁、上りかまち、床板等」松
「大極柱」檜
「大屋根裏板、側柱、束大引、けた、天井板、廻りふち」杉
「椽(たるき)、大たれかまち」樅(もみ)
である。

『町家再生の創意と工夫:実例にみる改修の作法と手順』(②)のpp.179-182に、「京町家作業組標準歩掛り表」があり、p.180には、現在再生する場合の木材が用途別に記載されており、「土台」ヒバ・ヒノキ、「柱」ヒノキ、「荒野地」杉、「化粧野地」杉・ヒノキ、としている。
またp.22の「町家の適材適所に学ぶ」によると、「通り柱」桧、「側柱」杉、「桁・梁」松、「大引・モヤ・棰(たるき)」杉、「敷居」松、「鴨居・天井廻り縁」杉、とある。

『なるほど!「京町家の改修」:住みつづけるために』(③)p.10「適材適所」には、「土台」栗・ヒバ・桧など、「柱」桧・杉・松など、「梁」松など、「鴨居」杉など、「敷居」桧・桜・松など、と記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
「民家・町家」(日本十進分類法(NDC)521.86)の本が並んでいる棚を調べ、『近世京都の町・町家・町家大工』(①)、『町家再生の創意と工夫:実例にみる改修の作法と手順』(②)、『なるほど!「京町家の改修」:住みつづけるために』(③)に、京都府の町家の木材の種類についての記述があるのを見つけた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本の建築  (521)
参考資料
(Reference materials)
①日向進著.近世京都の町・町家・町家大工.思文閣出版,1998. (当館請求記号:K1||521.86||H99||)
②京町家作事組編著.町家再生の創意と工夫:実例にみる改修の作法と手順.学芸出版社, 2005. (当館請求記号:開架 K1||521.86||Ky5||)
③京都市景観・まちづくりセンター編著.なるほど!「京町家の改修」:住みつづけるために.京都市景観・まちづくりセンター,2003. (当館請求記号:K1||521.86||Ky6||)
キーワード
(Keywords)
京町家
材木
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000282509解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!