このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2020-007
事例作成日
(Creation date)
2018年10月17日登録日時
(Registration date)
2020年04月17日 11時48分更新日時
(Last update)
2020年08月05日 15時59分
質問
(Question)
埼玉の硫酸事件が起きたのは明治24年だが、『伊藤痴遊全集 続 第10巻 壮士物語』が、なぜ昭和6年に出版されたのか、その経緯や事情について知りたい。
「硫酸事件の発端」は、『伊藤痴遊全集 続 第10巻 壮士物語』(平凡社 1931)に所収されている。
回答
(Answer)
下記の資料を提供した。

『伊藤痴遊全集 続 第3巻 陸奥宗光』(伊藤痴遊著 平凡社 1931)
 p1[599]-71[671] 「壮士物語(続)」あり。
 p71に「本編は、数年前に、刊行した『作田玄輔』に、多少の訂正を加えて、再刊することにした」「『壮士物語』は、全部を一冊として出版す可べきものを、発行所の編集者が、誤って分割した為に、玆に、その残部を、続編として掲げることにした。」とあり。
 なお、『伊藤痴遊全集 続 第10巻 壮士物語』は、1931年(昭和6年)1月に、『伊藤痴遊全集 続 第3巻 陸奥宗光』は、1931年(昭和6年)4月に発行されている。
回答プロセス
(Answering process)
1 『伊藤痴遊全集 続 第10巻 壮士物語』を確認する。

2 埼玉関係データベースを〈伊藤痴遊〉〈硫酸〉で検索する。
 
3 《国会図書館デジタルコレクション》( https://dl.ndl.go.jp/  国会図書館)を〈壮士物語〉で検索する。

4 《聞蔵Ⅱビジュアル》(朝日新聞社)を〈壮士物語〉で検索する。
「出版界」『朝日新聞 1916年2月6日 東京朝刊 6面』
 「壮士物語 作田玄輔 伊藤痴遊著 講談社」の広告あり。

5 自館目録を〈壮士物語〉〈作田玄輔〉で検索する。

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2018年10月17日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
小説.物語  (913 9版)
叢書.全集.選集  (080 9版)
参考資料
(Reference materials)
『伊藤痴遊全集 続 第3巻 陸奥宗光』(伊藤痴遊著 平凡社 1931)
キーワード
(Keywords)
伊藤 痴遊(イトウ チユウ)
日本小説-歴史-昭和前期
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000280684解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!