このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
安城市図書情報館 (2310061)管理番号
(Control number)
1905
事例作成日
(Creation date)
2020年03月03日登録日時
(Registration date)
2020年04月01日 12時55分更新日時
(Last update)
2020年05月26日 16時46分
質問
(Question)
①松平(三郎次郎)親盛の息子は親次だけか?
②松平玄番(西岸寺を作った人)は誰なのか?(玄番は役職名)
回答
(Answer)
A.『角川日本姓氏歴史人物大辞典23』(288.1/カド)
B.『徳川・松平一族の事典』(A288/クド)
C.『系図纂要 第10冊下』(288.2/メイ/10-2)
以上3点を提供。
回答プロセス
(Answering process)
*質問者は下記5点の資料は確認済みとのことで、それ以外の資料から調べた。
 (『福釜の里』『福釜の今むかし』『明治村史』『福釜だより』『安城市史』)

*上記Aのp.886~ 松平【福釜】親忠の三男長親の次男親盛に始まる・・・(中略)
 親盛-親次-親俊・・・に続き、とあり。 

*上記Bのp.471には下記の家系図があり。
          親盛 - 親次 - 親俊 
                 |- 元秀
                  |- 盛次(親盛の養子)

 本文中より『寛政重修諸家譜』には 親次の生年は文亀3年(1503年)とあるが、『安城市史』には大永元年(1521年)に生まれ、天正3年(1575年)に福釜で没したとある、とのことで、確定できない。また、図中に盛次が「親盛の養子」とある件について本文には記述なし。

*上記Cを参照したところ、松平福釜は第10冊下のp.395に親盛からの系譜があり。
  それによれば、
         親盛-親次-親俊
           -盛次   
 
 とあり、親盛の子どもは親次のほかに盛次が確認できる。

*A、B、Cの資料を見る限り、親盛の子どもが親次だけなのか、盛次もそうであるのか、確証は得られないが、各資料はそのまま提供。

**②については、上記Cの資料を参照するが玄番についての記載はなく、幼少名、役職名等不明。

***後日再調査の結果、『歓喜光 西岸寺修復事業落慶記念誌』(AA183/サイ)あり。
 P.5 西岸寺略史の中で「福釜城主松平親盛の庶子玄番が乳母に伴われて共に住み込んだ。親盛は(中略)西岸寺と命名、開基住職とするよう申し渡したと伝えている。」また「西岸寺過去帳には、開基松林山清秀院殿釈了玄俗名松平玄番 天文十六年(1547)十一月二十六日と記録され・・・」との記述も見られるが、提供には至らなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
系譜.家史.皇室  (288 9版)
参考資料
(Reference materials)
竹内理三 [ほか]編纂. 角川日本姓氏歴史人物大辞典 23. 角川書店, 1991.(288.1/カド)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002143326-00 , ISBN 4040022300
工藤寛正編 , 工藤, 寛正. 徳川・松平一族の事典. 東京堂出版, 2009.(A288/クド)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I001557438-00 , ISBN 9784490107647
岩沢, 愿彦, 1921-. 系図纂要 第10冊 下 (清和源氏 3) 新版. 名著出版, 1993.(288.2/メイ/10-2)
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002280472-00 , ISBN 4626014828
キーワード
(Keywords)
一般書
郷土
愛知
福釜松平
松平親盛
松平親次
松平玄番
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000279950解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!