このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000272574
提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-R1-029
事例作成日
(Creation date)
2019年11月09日登録日時
(Registration date)
2020年01月15日 16時00分更新日時
(Last update)
2020年01月19日 12時55分
質問
(Question)
橋本村から相原にかけて存在した水車についてわかる資料を見たい。
回答
(Answer)
①、②、③の資料を提供した。
回答プロセス
(Answering process)
市内OPACでキーワードに“スイシャ”、分類に“K”で検索し、次の資料を見つけた。
①『相模原市史 第6巻 近代資料集』相模原市/編 相模原市 1984 (自館請求記号:K1-21)
p71「二二 明治二三年 相原村水車明細取調書」に、水車の持主名、持主住所、水車の所在地、許可年月日等の記載があった。

②『橋本の昔話 』加藤重夫/編著 ぎょうせい 1985 (自館請求記号:K1-20)
p98-101「七 水車」に、「『相模原市史』には、橋本村に水車が二ヶ所あったと記されている。」とあり、この二ヶ所の住所と所有者の名前、廃業の経緯に至るまで記載がある。その他の水車についての記述や「水車配置図」もあり、「水車の料金」として、水車を利用する料金表もある。

③『橋本郷土研究会資料 復刻版』橋本の歴史を知る会/編 橋本の歴史を知る会 2018 (自館請求記号:K1-21)
p72-75「20 水車(昭和62年1月10日)」に、「5 橋本にあった水車」の項目があり、②と重複を避けて概略にとどめるとして所有者と所在地等の記述があった。

レファレンス協同データベース( https://crd.ndl.go.jp/reference/ 2019/11/09 最終確認)でキーワード“相原 水車”で検索したところ、次の事例がヒットした。
 「江戸時代に①町田市相原地区に水車があった(武蔵風土記に上相原2基、中相原2基、下相原1基)とあるが詳しい資料を探している。②同時代の他の地区に水車はあったのか知りたい。」 ( https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000096424  2019/11/09 最終確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210)
参考資料
(Reference materials)
『相模原市史 第6巻 近代資料集』相模原市/編 相模原市 1984
『橋本の昔話 』加藤重夫/編著 ぎょうせい 19850
『橋本郷土研究会資料 復刻版』橋本の歴史を知る会/編 橋本の歴史を知る会 2018
キーワード
(Keywords)
水車
相模原
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000272574解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!