このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
0B19006100
事例作成日
(Creation date)
2019年11月13日登録日時
(Registration date)
2019年12月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年12月08日 00時30分
質問
(Question)
小林一三と野球に関する文献や資料を見たい。大正4年に夏の高校野球第1回大会が開催された豊中グラウンドは、箕面有馬電気軌道が大正2年に開設している。宝塚運動協会や阪急ブレーブスを結成して、西宮球場を建設した小林一三は、野球に関心が高く、夏の高校野球の開催も村山龍平に持ちかけたと言われているので、関連資料があれば知りたい。
回答
(Answer)
小林一三と野球との関わりについて、記述のある資料を紹介します。

(1) 『阪急ブレーブス五十年史』(阪急ブレーブス/編集 阪急ブレーブス 1987)
「第1部 日本プロ野球の源流」に小林一三氏のプロ野球への関心や、球団創設の働きかけについて記述があります。
「前史-宝塚運動協会の航跡 プロ野球の黎明期」の節、p.3「小林一三の、ある発想」、p.3-5「小林と河野安通志」、p.5「時期尚早」の項にて、小林一三氏がプロ野球チームを結成しようとした動きについて記述されています。またp.5-7「高まるスポーツ熱に応えて-豊中運動場」「中等学校野球大会の誕生」「豊中での第1回大会」などの項に豊中運動場での大会についての記述があります。
「一通の海外電報 大阪阪急野球協会の誕生」の節、p.32-34「小林一三のプロ野球再生論」の項にて、小林一三氏のプロ野球経営構想について記述されています。
これらの記述は多く『人物評伝 小林一三』(昭和12年 国民社刊)をもとにされていますが、所蔵する図書館が見つかりませんでした。

(2) 『小林一三 -日本が生んだ偉大なる経営イノベーター-』(鹿島 茂/著 中央公論新社 2018.12)
p.314-325が「第十章 球団篇 阪急ブレーブスとプロ野球にかけた夢」にあてられています。なお、『中央公論』2017年9月号所収の「阪急ブレーブスとプロ野球にかけた夢」が初出です。

(3) 『京阪神急行電鉄五十年史』(京阪神急行電鉄株式会社/編纂 京阪神急行電鉄 1959)
p.209-222が「西宮球場」にあてられており、そのうちp.211-212「西宮球場及び阪急ブレーブス創設」の項目中に小林の名があります。

(4) 『鉄道ジャーナル』2009年10月 / 43巻10号 / 516号(鉄道ジャーナル社 2009.10)
p.55-157に佐藤信之「鉄道経営者列伝:小林一三 補遺 小林一三と野球・宝塚」が掲載されており、そのうちp.155-156が「1. 阪急ブレーブス」に割かれています。p.155に「小林一三と野球との関係は、大正4年(1915)までさかのぼる。」との記述があります。


新聞記事では、下記の記事が見つかりました。
(5) 『朝日新聞』1985年5月30日朝刊4ページ「もう一つのプロ野球(34)小林一三の構想(20世紀の軌跡:1393) 」 

(6) 『朝日新聞』1985年5月31日朝刊4ページ「もう一つのプロ野球(35)宝塚運動協会(20世紀の軌跡:1394) 」 

(7)(8)は豊中グラウンドで行われた全国中等学校優勝野球大会と小林一三氏のかかわりについて触れられた記事です。
(7) 『毎日新聞』2006年1月31日 地方版/和歌山 23ページ「球風録:夢実現へ「相乗効果」 /近畿」 

(8) 『毎日新聞』2006年2月7日 地方版/和歌山 21ページ「珠風録:バランス説に疑問 /近畿」 

(9)から(11)は豊中グラウンドと小林一三氏のかかわりについて触れられた記事です。
(9) 『毎日新聞』2015年8月22日 地方版/大阪 25ページ「豊中運動場100年:/50 プロ球団つくりたい 小林一三が豊中で提案 /大阪」 

(10) 『毎日新聞』2015年9月12日 地方版/大阪 27ページ「豊中運動場100年:/51 実業野球の実力急上昇 第10回は津田商店がV /大阪」 

(11) 『毎日新聞』2017年12月9日 地方版/大阪 25ページ「豊中運動場100年:/98 東京4大学、年末年始に合宿 練習試合は超満員 /大阪」
回答プロセス
(Answering process)
1.当館所蔵検索を件名“小林一三”で検索。資料(2)が見つかる。大学時代のことが載っていそうな資料をピックアップするも、野球との関係は記載なし。
2.質問者事前調査済み資料の確認。
3.当館所蔵検索をフリーワード“阪急 電鉄”、“京阪神急行”、“阪急ブレーブス”で検索。資料(1)(3)が見つかる。
4.資料(1)に引用されている『人物評伝 小林一三』(昭和12年 国民社刊)を、当館及び全国の図書館の所蔵検索するが、所蔵館は見つからず。
5.商用データベース「聞蔵Ⅱビジュアル」「毎索」「ヨミダス歴史館」を“小林一三×野球”で検索。資料(5)-(11)が見つかる。
6.商用データベース「マガジンプラス」を“小林一三 野球”で検索、資料(4)が見つかる。
7.「CiNii Articles」「Googlブックス」をキーワード“小林一三 野球 出会い”で検索→有用情報なし。
8.プロセス5の毎索記事(2015年9月12日大阪版27面「実業野球の実力急上昇」)の記述より『小林一三日記 1』『同 2』『同 3』を確認するが、索引はなく、目次には、野球を取り上げたと思われる部分が見当たらず。
事前調査事項
(Preliminary research)
1923年 小林一三「職業野球団打診」 『私の生き方』
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <0014615054>  小林一三 -日本が生んだ偉大なる経営イノベーター- 鹿島 茂/著 中央公論新社 2018.12 978-4-12-005151-7 資料(2)
当館書誌ID <5111921090> [雑誌巻号] 鉄道ジャーナル 2009年10月 / 43巻10号 / 516号  鉄道ジャーナル社 2009.10  資料(4)
当館書誌ID <0000301938>  京阪神急行電鉄五十年史 京阪神急行電鉄株式会社/編纂 京阪神急行電鉄 1959  資料(3)
当館書誌ID <0070116176>  阪急ブレーブス五十年史 阪急ブレーブス/編集 阪急ブレーブス 1987  資料(1)
当館書誌ID <0000817673>  私の行き方 小林 一三/著 阪急電鉄株式会社総合開発事業本部コミュニケーション事業部 2000.8 9784894850330 p.143-145「事業・東京型と大阪型 職業野球団打診」 (利用者事前調査資料)
『朝日新聞』 1985年5月30日朝刊4ページ 「もう一つのプロ野球(34)小林一三の構想(20世紀の軌跡:1393) 」 資料(5)
『朝日新聞』 1985年5月31日朝刊4ページ 「もう一つのプロ野球(35)宝塚運動協会(20世紀の軌跡:1394) 」 資料(6)
『毎日新聞』 2006年1月31日 地方版/和歌山 23ページ 「球風録:夢実現へ「相乗効果」 /近畿」 資料(7)
『毎日新聞』 2006年2月7日 地方版/和歌山 21ページ 「珠風録:バランス説に疑問 /近畿」 資料(8)
『毎日新聞』 2015年8月22日 地方版/大阪 25ページ 「豊中運動場100年:/50 プロ球団つくりたい 小林一三が豊中で提案 /大阪」 資料(9)
『毎日新聞』 2015年9月12日 地方版/大阪 27ページ 「豊中運動場100年:/51 実業野球の実力急上昇 第10回は津田商店がV /大阪」 資料(10)
『毎日新聞』 2015年12月9日 地方版/大阪 27ページ 「豊中運動場100年:/98 東京4大学、年末年始に合宿 練習試合は超満員 /大阪」 資料(11)
キーワード
(Keywords)
小林一三
野球
阪急ブレーブス
西宮球場
豊中グラウンド
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000271282解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!