このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000238618
提供館
(Library)
関西大学図書館 (3310026)管理番号
(Control number)
関大総図 18A-14S
事例作成日
(Creation date)
2018年06月26日登録日時
(Registration date)
2018年07月16日 16時24分更新日時
(Last update)
2019年07月20日 17時22分
質問
(Question)
19世紀前半のヨーロッパ系言語での古典的著作とその翻訳書との諸版を悉皆収録した事典またはデータベースはあるか? 特に経済系の古典的著作を収録したものが知りたい。
回答
(Answer)
「悉皆」収録したといえるものは発見できませんでした。
現状はさまざまなプロジェクトが散発的に立ち上がり、データベースを作っているような状態です。翻訳書を探すツールとしてご紹介できるものに、以下の3つがあります。

①Index Translationum(UNESCO提供)
  http://www.unesco.org/xtrans/  【最終アクセス2018/7/16】
 UNESCOが作成するデータベース。「翻訳書を探す参考図書」として冊子体も発行されてきました。ただし19世紀のものはごくわずかで、ほとんどが20世紀以降のものです。

②Bibliotheca Academia Translationum(Classics Centre de l’Université d’Oxford)
  http://bat.ehess.fr/bdd/  【最終アクセス2018/7/16】
 18世紀からロシア革命頃までの翻訳情報を集録しています。


③EE-T Project Portal Database (EE-Tプロジェクト提供)
  https://eet.pixel-online.org/database.php  【最終アクセス2018/7/16】
  すでにご覧になられているものですが、古典的な経済書に特化しているということで、改めてご紹介いたします。
  ただ、Final Conferenceが2013年に行われたため、今後更新され続けるかどうかは不透明です。
回答プロセス
(Answering process)
(「回答」に記載)
事前調査事項
(Preliminary research)
Google検索でヒットしたというデータをお持ち頂いたが、EE-T Project Portal Database の情報であった。
NDC
経済学.経済思想  (331)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
経済学
翻訳
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
名誉教授
登録番号
(Registration number)
1000238618解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!