このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000167932
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B150113150441
事例作成日
(Creation date)
2014/1/20登録日時
(Registration date)
2015年02月19日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年02月20日 16時05分
質問
(Question)
イチョウの果実(銀杏)の多肉質の部分(外種皮)について、成分と利用法が記載されている資料があれば紹介してください。
回答
(Answer)
当館所蔵資料を調査したところ、イチョウの外種皮の成分および利用法に関する記載がある資料(1)が見つかりましたのでご紹介いたします。また、同様の内容の記載があり、資料(1)の参考文献として挙げられている資料(2)、(3)が見つかりましたのでご紹介します。


(1)
タイトル:イチョウ奇跡の2億年史 : 生き残った最古の樹木の物語
責任表示:ピーター・クレイン 著, 矢野真千子 訳, 長田敏行 日本語版監修
出版者:河出書房新社
出版年月:2014.9
当館請求記号:RA344-L2

「第 6部 利用価値」の「33章 薬として」(pp.299-307)に、イチョウの外種皮の成分および利用法に関する記載があります。例えば、「一九二七年には日本の川村実平が、種子の果肉質の外種皮からイチョウ酸、ギンコール、ビロボールという三種類の新規アレルギー性化合物質を分離し、それらがウルシやツタウルシでアレルギー反応を引き起こす成分と化学的に似ていることを見出した。」(p.301)という記述や、「臭くてたまらない外種皮ではあるが、それなりに利用はされてきた。古代中国では灰汁と混ぜてスープにしていたというし、コイを釣るときの餌にもなる。」(p.302)という記述などがあります。
また、「33章」の「原注」(pp.359-361)には、「(6) Loudon(1838, 2098)によると、「ツンベリーいわく、日本では果肉質の外種皮も食されている。(中略)」一方、Lyman(1885)は、「果肉質の外種皮の絞り汁には収斂作用があり、防水紙や丈夫な紙、柵や建物の黒色塗料のようなものをつくるのに使われる」と述べている。」という記述があります。参考文献として 「Loudon, J. C. 1838. Arboretum et fruticetum britannicum; or, The trees and shrubs of Britain. London:A. Spottiswoode.」及び「Lyman, B. S. 1885. "The etymology of 'ginkgo.'" Science 6:84.」が挙げられています(p.415)。


(2)
タイトル:Arboretum et fruticetum Britannicum
責任表示:Loudon, J. C.
出版者:Loudon
出版年:1838
巻号:v.4

p.2098に、資料(1)で引用されている文章の英語の原文が記載されています。
この資料は当館での所蔵はありませんが、University of Oxfordが運営するデータベース「SOLO」( http://solo.bodleian.ox.ac.uk/ )で全文が公開されています。本文は次のURLから見ることができます。
http://solo.bodleian.ox.ac.uk/primo_library/libweb/action/dlDisplay.do?vid=OXVU1&docId=oxfaleph012888199


(3)
論題:The Etymology of "Ginkgo"
著者:Benj. Smith Lyman
雑誌名:Science
出版者:American Association for the Advancement of Science
巻号・年月日:6(130) 1885.7.31
ページ:84
ISSN:0036-8075

p.84に、資料(1)で引用されている文章の英語の原文が記載されています。
この資料は当館での所蔵はありませんが、非営利団体ITHAKAが運営するデータベース「JSTOR」( http://www.jstor.org/ )で全文が公開されています。本文は次のURLから見ることができます。
http://www.jstor.org/stable/1761139


[その他調査済み資料・データベース]
・『天然薬物事典』(広川書店 1986.4 【SD2-66】)
・『植物の世界11(種子植物)』(朝日新聞社 1997.10 【RA254-G2】)
・『薬用植物大百科』(婦の友出版サービスセンター(製作) 1999.4 【SD2-G47】)
・『原色百科世界の薬用植物』(エンタプライズ 1988.2 【SD121-E11】)
・『世界薬用植物百科事典』(誠文堂新光社 2000.10 【SD2-G62】)
・『世界有用植物事』(平凡社 2002.8 【RA2-J54】)
・『種子生物学』(東北大学出版会 2003.9 【RA233-H4】)
・『植物レファレンス事典』(日外アソシエーツ 2004.1 【RA2-H21】)
・『植物レファレンス事典. 2(2003-2008 補遺)』(日外アソシエーツ 2009.1 【RA2-J17】)
・『種子の科学とバイオテクノロジー』(学会出版センター 2009.3 【RB57-J9】)
・『イチョウの自然誌と文化史』(裳華房 2014.2 【RA344-L1】)
・NDL-OPAC ( https://ndlopac.ndl.go.jp/
・国立国会図書館サーチ ( http://iss.ndl.go.jp/
・EBSCOhost [当館契約データベース]
・JDreamIII [当館契約データベース]
・JSTOR [当館契約データベース]
・ProQuest Central [当館契約データベース]
・ScienceDirect [当館契約データベース]
・CiNii Articles ( http://ci.nii.ac.jp/
・J-GLOBAL ( http://jglobal.jst.go.jp/
・J-STAGE ( http://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja
・練馬区立図書館ホームページ ( https://www.lib.nerima.tokyo.jp/

インターネット・データベースの最終アクセス日は2015年1月16日です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
・『メディカルハーブの事典』
・『自分で採れる薬になる植物図鑑』
・『いま なぜイチョウ?』
NDC
裸子植物  (478 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
イチョウ
銀杏
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000167932解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!