このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000001721
事例作成日
(Creation date)
2010/08/29登録日時
(Registration date)
2012年12月29日 02時16分更新日時
(Last update)
2014年11月20日 13時12分
質問
(Question)
ハンディキャップのある人のことを「障がい者」とひらがなで表記されているのを最近よく見るが、いつごろからどういう経緯でそうなったのか、またどこまで広がっているのか知りたい。
回答
(Answer)
新聞記事では、1990年代から「障がい者」の表記が見られ、また2000年代に入ると各自治体が公文書で「障がい者」と表記することとしたという記事が見られる。大阪府では2008年3月より「障がい者」の表記を用いている。
回答プロセス
(Answering process)
新聞社のオンラインデータベースで検索。

朝日新聞では1994年6月11日の、奈良県天理市の障害者福祉を考えるコンサートについての記事で、コンサートのスローガンに「障がい者」という言葉があるのが初出。1990年代には、奈良県・福島県・愛知県の3県に関する記事で、「障がい者」の表記が見られる。
読売新聞では2000年2月3日の福祉施設への車両の贈呈についての記事で、「障がい者自立生活支援センター」への贈呈についてふれているのが初出。また同年12月には東京都多摩市が「『害』の文字は不快感を与え、誤解を招く恐れがある」との理由から、公文書の表記を「障がい者」に統一すると決定したことを報じている。この記事では、同市内の市民団体の代表者の「『害』には『あってはならない存在』というイメージがつきまとうため、私たちはひらがなを使ってきた」というコメントも紹介している。2000年代に入ると両紙とも自治体が「障がい者」の表記を行うとの報道が散見される。

内閣府のサイトで「障がい者 表記」を検索すると、平成22(2010)年3月19日の「障がい者制度改革推進会議第5回 障害の表記に関する意見一覧」(PDF) http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/kaikaku/s_kaigi/k_5/pdf/s3.pdf#page=1  がヒット。内容を確認したところ、かつては「障礙(俗字では碍)」と表記していたものを、礙・碍が当用漢字に含まれないため「障害」と表記されるようになったことや、「『害』の字が含まれることであたかも他人を『害』する人であるかのように、または『害』を持っている人であるかのように捉えられ、不快な思いを抱く」「『害』を『がい』や『碍』に変えることでは問題の解決にならない」「どういう言葉を使うかより,どんな意味で使うか(どんな障害観・障害者観をその言葉に含めるか)の方がより重要」などの各委員の意見が記載されている。

なお大阪府では2010年現在「障がい」の表記を用いており、障がい福祉室のページ http://www.pref.osaka.jp/s_shogaifukushi/  に、平成20(2008)年3月26日付で「「障害」の「害」のひらがな表記の取扱いについて」(Wordファイル)があり。

豊中市では平成21(2009)年11月の第2回障害者施策推進協議会 https://www.city.toyonaka.osaka.jp/joho/shingikai/fuzokukikan/soshikibetsu/kenkofukushi/shogaifukushi/shoguai/kaigiroku/h21kaigiroku.files/h21_11.25.pdf (会議録、PDF)で「障害」の表記について検討を行い、漢字表記を用いることとなっている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
障害者
漢字
表記
日本語
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000117824解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!