このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000085384
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000198
事例作成日
(Creation date)
2011/03/29登録日時
(Registration date)
2011年04月23日 02時00分更新日時
(Last update)
2014年03月28日 09時42分
質問
(Question)
東西南北の方言読みの語源について知りたい。
特に西はどうして「いり」で北はどうして「にし」か。
回答
(Answer)
『沖縄民俗辞典』(渡邊 欣雄、吉川弘文館、2008年)461ページ「方位観」の項目には、
東(アガリ)・西(イリ)は「日の出、日の入りが語源で、太陽の運行で方位が決定されている」、
北(ニシ)・南(ペー、フェー)は「風の名称と同じであり、季節風の動きによって方位名が形成されたと推定される」とある。

『沖縄古語大辞典』(沖縄古語大辞典、角川書店、1995年)によると、
p9 東(あがるへ)…東方。太陽の出る方角。……古くはアガルヘ・アガルイ(東方)だったのが、方処を表すヘ・イ(辺)がおちて、アガル、アガリだけで「東」を表すようになった。
p90 西(いるへ)…西。日の入る方、の意。古くは沖縄でも「西」は「にし」といっていた……農耕社会の発達につれて、太陽の上がり、入りが方角を表す東(あがり)、西(いり)に変わっていったものであろう。
p506 北(にし)…北・普通、北をニシという。語源については「いにし」(去にし)説がある。
p549 南(はへ)…語源についての記述はない。

『沖縄大百科事典 下 ナ~ン 』(沖縄大百科事典刊行事務局、沖縄タイムス社、1983年)438ページ「方位の方言」の項目には、
「アガリ(東)は太陽のあがりを示す」、「イリ(西)という表現も太陽の入りにちがいない」、ニシ(北)については「イニシ説もあるが確証はない」、「ハイ(南)は西南日本に広く南風の風位語として生き」とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
言語  (8)
参考資料
(Reference materials)
1 沖縄民俗辞典 渡邊 欣雄∥ほか編 吉川弘文館 2008.7 K38/O52/ 461
2 沖縄古語大辞典 沖縄古語大辞典編集委員会∥編 角川書店 1995.7 K80/O52/
3 沖縄大百科事典 下 ナ~ン 沖縄大百科事典刊行事務局∥編 沖縄タイムス社 1983.5 K03/O52/3 438
キーワード
(Keywords)
沖縄
語源
方言
古語
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000085384解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!