このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000049176
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR08110002
事例作成日
(Creation date)
2008年10月24日登録日時
(Registration date)
2008年11月22日 02時10分更新日時
(Last update)
2008年11月22日 09時25分
質問
(Question)
ドライアイスが発明された、あるいは最初に作られた経緯を知りたい。
回答
(Answer)
昭和炭酸株式会社のホームページ( http://www.showa-tansan.co.jp/html/dryice/rekisi.htm )にドライアイスの歴史が記載されています。
それによりますと、”1924年、アメリカのジョセフィン(JOSEPHEN)とスレート(SLATE)の二人は実際に固体炭酸を利用してアイスクリームをつくることに成功しました。この成功を機に固体炭酸の利点が広く知れ渡り、1925年にははじめての固体炭酸製造会社「ドライアイス・コーポレーション」(DRYICE CORPORATION)が設立され、ニューヨーク郊外で固体炭酸の工業的生産を開始しました。この固体となった「炭酸ガス」が、「ドライアイス」です。「ドライアイス」は「ドライアイス・コーポレーション」の商品名でしたが、そのまま一般的な呼び名となりました。日本では、「ドライアイス・コーポレーション」から製造販売権を得た「日本ドライアイス株式会社」(現昭和炭酸株式会社)によって工業的に大量にドライアイスが生産されるようになりました。”とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
無機化学  (435 8版)
参考資料
(Reference materials)
昭和炭酸株式会社 炭酸ガスとドライアイスの歴史(2008/10/24現在) (ホームページ: http://www.showa-tansan.co.jp/html/dryice/dryice.htm )
キーワード
(Keywords)
ドライアイス  
二酸化炭素
炭酸ガス
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000049176解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!