このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山形県立図書館 (2110039)管理番号
(Control number)
山形県-2006-0036
事例作成日
(Creation date)
2006年07月21日登録日時
(Registration date)
2006年07月21日 11時54分更新日時
(Last update)
2009年03月04日 19時06分
質問
(Question)
河北町谷地の「お雛市」は、いつ頃から行われているのですか。
回答
(Answer)
毎年4月2日から3日、河北町谷地北口通りで行われている「お雛市」は、今から三百余年前の谷地城主、白鳥十郎が開いた旧暦3月2日の市が、丁度雛の節句にあたるので、いつしかそれが「節句市」、「お雛市」と呼ばれ今日に至っているようです。資料に現れるのは、徳川時代中期の享保元年のことで、市には雛人形、だるま、玩具などのほかに、雛節句用の食品や一般日用品なども並びます。
谷地は昔から最上川舟運の河港として栄えたところで、村山地方産の米や名産紅花が積出され、京都などからは上方文化がこの地に導入され、お雛さまもその一つです。「ひなまつり」も有名で、この町に伝わる初代次郎左衛門立雛や、数多くの享保雛、古今雛などの名品のほかにも、御所人形、竹田人形、からくり人形、鴻之巣人形、押絵雛などがあり、雛の飾り方も他のところのように奥座敷に飾るのではなく、戸口に近いところに雛壇を 設けて並べ、それも一部屋だけでなく二部屋にわたる家もあるなど、だれでも自由に立寄つて見られるような飾り方をしています。雛へのお供えは、この地方独特のものとして、春告げ魚と呼ばれている鰊(かど)や田螺(つぶ)、野老(ところ)、あさつき、慈姑(くわい)、鶏卵、岩海苔の巻きずしなど、10数品が並びます。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
年中行事.祭礼  (386 9版)
参考資料
(Reference materials)
山形大百科事典/山形放送(株)/編
文化史誌日本 山形県/麻木脩平/ほか編
河北町の歴史散歩/浅木三治/著
キーワード
(Keywords)
お雛市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000029637解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!