このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000021650
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2004003649
事例作成日
(Creation date)
2004/11/15登録日時
(Registration date)
2005年05月19日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年02月20日 18時32分
質問
(Question)
誕生から大学卒業までの、子ども1人当たりの子育てにかかる費用で、学習費以外のコストを含んだ金額はどのくらいか。
回答
(Answer)
資料1-財団法人こども未来財団で、子育てコスト調査が行われている。子育てコスト:母親が妊娠してから子どもが独立するまでに、子を育てるのにかかる費用の合計 として、推計されたコスト。
本書の平成14年度調査は小学校就学前の乳幼児期のコストに調査研究の焦点が絞られている。
なお、平成14年度、平成11年度調査は、子ども未来財団のホームページで公表されている。
・平成14年度「子育てコストに関する調査研究報告書」 (PDF)
http://www.kodomomiraizaidan.or.jp/houkoku/chosah14.html (最終検索日:2005年2月7日)
・平成11年度「子育てコストに関する調査研究報告書」 (PDF)
http://www.kodomomiraizaidan.or.jp/houkoku/chosah11.html (最終検索日:2005年2月7日)
資料2-出産から社会人になるまでという総額では掲載されていないが、妊娠・出産費用、乳幼児までの子育て費用、教育費用等の項目別に費用が確認できる。
Web
「AIUの現代子育て経済考」(AIU保険会社:2001年4月)
http://www.aiu.co.jp/about_us/parenting/p01.pdf (最終検索日:2005年2月7日)
一人の子どもが誕生してから大学を卒業する22年間にかかる総費用が算出されている。
(参考)学習費、教育費についての調査
資料3-保護者が負担する教育費の実態を把握したもの。子ども1人当たりの経費に焦点を当て、学校種別ごとに作成されている。
資料4-子どもの学校教育及び学校外活動のために支出した経費の実態を、文部科学省がまとめたもの。
資料5-「幼稚園から大学までの教育費総額」:文部科学省の「子どもの学習費調査」(資料4)などのデータをもとに、進学コース別の教育費総額が試算されている。
Web
「知っておきたい子育て・教育費の各種データ」 リンク集
http://allabout.co.jp/finance/ikujimoney/subject/msub_date.htm (最終検索日:2005年2月7日)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
生活.消費者問題  (365 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 子育てコストに関する調査研究 / [こども未来財団∥編] / こども未来財団 , 2003.3 D/365.4/5017/2003
【資料2】 日本人の子育て・教育を読み解くデータ総覧 2004 / 生活情報センター編集部∥編集 / 生活情報センター , 2004.1 DR/370.5/5011/2004
【資料3】 保護者が負担する教育費調査報告書 平成15年度学校納付金調査 / 東京都教育庁総務部 , 20040200 T/373.4/5004/2003-2
【資料4】 子どもの学習費調査報告書 平成14年度 / 国立印刷局 , 20040318 D/373.4/3002/2002
【資料5】 トータルプランニングに役立つデータ集 2004年版 / セールス手帖社保険FPS研究所 , 2004.2 R/365.4/5023/2004
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000021650解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!