このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
香調-327
調べ方作成日
(Creation date)
2010年10月05日登録日時
(Registration date)
2010年10月06日 10時36分更新日時
(Last update)
2018年12月07日 09時18分
調査テーマ
(Title of the search guide)
認知症に関する絵本など
調べ方
(Contents of the search guide)
(児童)

・おじいさんのぼうし ルイス P.ガトマイタン/作,ベス・パロッチャ-ドクトレロ/絵,こうむらしほこ/訳 
浜松 ひくまの出版 2010.6
  日販マーク内容紹介:おじいさんとペピンはとても仲良し。おじいさんは、お話をいっぱいしてくれる。ある日、おじいさんはペピンが誰だかわからなくなり…。認知症になっていくおじいさんと男の子の心の成長を描くフィリピンの感動絵本。

・おもいではチョコレートのにおい アルツハイマー病を知ろう バーバラ・マクガイア/作/絵 アールアイシー出版 2007.6
  日販マーク内容紹介:ぼくのおじいちゃんは、背が高くて、チョコレート好きで、アルツハイマー病だった…。ユーモラスでちょっと切ない、おじいちゃんと孫の真夜中のひととき。子どもがアルツハイマーを理解するための絵本。

・おばあちゃんにささげる歌 にんち症と共に生きる アンナ=レーナ・ラウリーン/文 ノルディック出版 2006.11
  日販マーク内容紹介:夜中に徘徊したり、同じ話を繰り返したり、かなりとんちんかん。突然怒り出し、家族を困らせるおばあちゃん。認知症になると家族はどう変わるのか。子どもと共に日常生活の中で認知症を考えるスウェーデン発の絵本。



・大好きだよキヨちゃん。 藤川幸之助/文・絵 クリエイツかもがわ かもがわ出版 2006.10
  日販マーク内容紹介:キヨばあちゃんは脳みそが少しずつ小さくなって、いつか赤ん坊になってしまうらしい。自分にとって大切な人の記憶が薄れていく時、ぼくらは一体何ができるのだろうか。話題の詩集「マザー」の著者が贈る絵本。

・あたしのいもうとちゃん 尾崎美紀/作 ひさかたチャイルド 1997.5
「児童書総合目録」の(あらすじ・解題): 「ボケてしまったおばあちゃんは私の妹みたい。誰しも皆年をとる。老人との関わりを,子供の視点で優しく見つめます。(児童出協) 」

・おばあちゃん 谷川俊太郎/文 プラネットジアース 2006.3 ※ばるん舎刊の合本、復刊
  日販マーク内容紹介:1970年代に出版され、一部に熱烈なファンを生み、現在まで語り継がれてきた絵本「シリーズ・ちいさなつぶやき」。その中でも入手困難である「おばあちゃん」「ひとり」「せんそうごっこ」が、3冊合本で再登場。

・でもすきだよ、おばあちゃん 講談社の翻訳絵本 スー・ローソン/文 講談社 2006.8
  日販マーク内容紹介:みんなのおばあちゃんとはちょっと違う。でも、大好きな僕のおばあちゃん…。子どもだけが持ち得る、限りなく透明な愛と受容の心の世界が、温もりのある色彩の絵と共にやさしく語られた感動的な絵本。

・おばあちゃんのきおく / メム・フォックス[他]. -- 講談社, 2007.11
  日販マーク内容紹介:小さなウィル坊やは、隣のホームに暮らすお年寄りみんなと仲良し。塀の穴をくぐって遊びにいくが、ある日、大好きなナンシーおばあちゃんの「きおく」が見つからなくなってしまったと聞き…。日野原重明の翻訳絵本。 

・おばあちゃんのノート 小坂直樹/文 幻冬舎ルネッサンス 2012.2 J
  日販マーク内容紹介: おばあちゃんは忘れんぼだ。ご飯が終わってテレビを見ていると…。みーちゃんは、忘れんぼのおばあちゃんの、思い出づくりを上手に手伝えるかな。「お母さんの絵本大賞」入賞作品。 

・おもいでをなくしたおばあちゃん ジャーク・ドレーセン/作 朝日学生新聞社 2011.3 J
  内容紹介:ペトラはママと一緒に、老人ホームに住むおばあちゃんに会いにゆく。ペトラのことも、ママのことも、すっかり忘れてしまったおばあちゃんに、ペトラは…。しずかな愛に満ちた物語。

(YA)
・おばあちゃんが、ぼけた。 よりみちパン!セ 村瀬孝生/著 理論社 2007.2
  日販マーク内容紹介:老人通所施設若き所長による、笑わずにはいられない、泣かずにはいられない仰天レポートの数々。「ぼけた」お年寄りたちに日々振り回されることで見えてくる、人間の最大限の不思議とどうしようもない魅力とは。

(未所蔵)
・いつだって心は生きている 大切なものを見つけよう 認知症ケア研究会/作 中央法規出版 2006.10
  日販マーク内容紹介:認知症を親子で学ぶための絵本教材。「認知症」というテーマを通して、人間の尊さや命の大切さ、家族・地域との絆づくりなどを子どもたちに伝える。国際アルツハイマー病協会第20回国際会議奨励賞受賞作。 

(関連事例)
・認知症について書かれている小・中学生にもわかる内容の絵本や児童文学が知りたい。(大府市中央図書館)
   https://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000041286

・認知症について、小学生に分かりやすく伝られる本はないか。(岐阜県図書館)
   https://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000041114

(関連情報 その1)

鳥取市立図書館
  http://www.lib.city.tottori.tottori.jp/lib_tottori/

「いのちの絵本」リスト
 医療・健康情報コーナーに「いのちの絵本」のコーナーを設置しています。
 ぜひご覧下さい!

 いのちの絵本リスト(PDF版)
   http://www.lib.city.tottori.tottori.jp/lib_tottori/info/inochi.pdf  
 いのちの絵本リスト(Excel版)
   http://www.lib.city.tottori.tottori.jp/lib_tottori/info/inochi.XLS


(関連情報 その2)

件名:老人性認知症 の一般資料(2001年~)

289.3
 ・アルツハイマー  その生涯とアルツハイマー病発見の軌跡 コンラート ・マウラー/共著 保健同人社 2004.1

369.26
 ・認知症ケアは地域革命!  「地域福祉館藤井さん家」の取り組み 牧坂秀敏/著 現代書館 2010.8
 ・介護ひまなし日記  新米ケアワーカー奮闘記 永和里佳子/著 岩波書店 2010.7
 ・すぐ役に立つ家族のための認知症介護 あなたの介護サポートします!! 日常生活介助 ・医療 ・介護サービス ・施設 ・看取り 代居真知子/著 誠文堂新光社 2010.6
 ・家族がボケる前に読む本 健康人新書 025  和田秀樹/著 廣済堂あかつき 2010.4
 ・認知症の人を在宅でいかに支えるか  心に寄りそうホームヘルパーの介護過程 石田一紀/編著 クリエイツかもがわ かもがわ出版 2009.8
 ・絵を見てわかる*認知症の予防と介護   下正宗/監修 法研 2009.6
 ・認知症高齢者が安心できるケア環境づくり  実践に役立つ環境評価と整備手法 児玉桂子/編 彰国社 2009.4
 ・グループホームの基礎知識   上田理人/著 リヨン社 二見書房 2008.4
 ・認知症短期集中リハビリテーションの実践と効果に関する検証 ・研究事業報告書   〔全国老人保健施設協会〕/〔編〕 全国老人保健施設協会 2008.3
 ・まちがいだらけの認知症ケア ほっとくるブックス 目からウロコ! 三好春樹/著 主婦の友社 2008.3
 ・認知症高齢者の理解と援助  豊かな介護社会を目指して 三原博光/編著 学苑社 2008.12
 ・認知症短期集中リハビリテーションの実態と効果に関する研究事業報告書   〔全国老人保健施設協会〕/〔編〕 全国老人保健施設協会 2007.3
 ・事例を交えて学ぶ認知症高齢者グループホームQ&A   グループホームのケアを考える会/編 中央法規出版 2007.2
 ・認知症あったかkaigoとしあわせケアプラン  介護 坂本宗久/著 関西看護出版 2007.2
 ・グループホームの質確保ガイドブック  サービス評価の徹底活用のすすめ 永田久美子/編著 認知症介護研究 ・研修東京センター 中央法規出版 2006.5
 ・認知症高齢者の多角的評価に基づくリハビリテーションのあり方に関する研究事業報告書   〔全国老人保健施設協会〕/〔編〕 全国老人保健施設協会 2006.3
 ・スウェーデンの認知症高齢者と介護   ブリット=ルイーズ ・アブラハムソン/著 ノルディック出版 第三書館 2006.11
 ・痴呆の人の思い、家族の思い   呆け老人をかかえる家族の会/編 中央法規出版 2004.2
 ・新しい痴呆ケア  アセスメントと遊びリテーション 三好春樹/著 雲母書房 2004.11
 ・痴呆デイホーム  お年寄りと一緒に 山田忍/編 NCコミュニケーションズ 日中出版 2003.5
 ・グループホーム ・ケア  痴呆を治す介護の実践 塚本茂/著 講談社 2003.4
 ・グループホームの基礎知識   山井和則/著 リヨン社 二見書房 2003.4
 ・誰でもできる回想法の実践  痴呆の人のQOL(クオリティ ・オブ ・ライフ)を高めるために 田中和代/著 黎明書房 2003.1
 ・痴呆性高齢者の在宅介護 介護福祉ハンドブック 58 その基礎知識と社会的介護への連携 馬場純子/著 一橋出版 2002.8
 ・痴呆の母を看取って   舛添要一/著 佼成出版社 2001.6
 ・縛らぬ介護   東大作/著 葦書房 2001.11

490.8
 ・看護のための最新医学講座 第13巻 認知症   日野原重明/監修 中山書店 2005.12

491.358
 ・100歳の美しい脳  アルツハイマー病解明に手をさしのべた修道女たち デヴィッド ・スノウドン/著 ディーエイチシー 2004.6

492.9375
 ・認知症介護びっくり日記 介護ライブラリー  高口光子/著 講談社 2008.4

493.12
 ・メタボリック ・スパイラルの衝撃  内臓脂肪がアルツハイマー病を引きおこす 大友英一/著 法研 2008.5

493.75
 ・医者も知らない?治せる認知症!  簡単な手術でなおります! 伊藤隼也/編著 宝島社 2010.7
 ・図説認知症高齢者の心がわかる本 介護library  平澤秀人/著 講談社 2010.6
 ・認知症は予防できる ちくま新書 844  米山公啓/著 筑摩書房 2010.5
 ・ほら、あの「アレ」は…なんだっけ?  私の記憶はどこ行った? マーサ ・W.リア/著 講談社 2010.4
 ・認知症ケアと予防の音楽療法   佐々木和佳/著 春秋社 2009.8
 ・認知症家族はどうしたらよいか  症状 ・診療 ・在宅ケア ・介護保険 長谷川和夫/監修 池田書店 2009.6
 ・ボケない食べ方  認知症を予防し、進行を抑える食事と運動 伊藤晴夫/著 グラフ社 2009.3
 ・あきらめないで認知症  家庭 ・施設で役立つ「リハビリ介護」実例集 岡本五十雄/著 保健同人社 2008.7
 ・認知症を防ぐスーパー健脳食 健康ライブラリーイラスト版  植木彰/監修 講談社 2008.5
 ・認知症と回想法   黒川由紀子/著 金剛出版 2008.3
 ・まんがで学ぶ*はじめての認知症ケア   高瀬直子/作 小学館 2008.3
 ・ムリをしないで親の認知症とつきあう方法   神定守/著 WAVE出版 2008.12
 ・アルツハイマー病 EBMシリーズ 正しい治療がわかる本 栗山勝/著 法研 2008.1
 ・ボケない技術(テク)  「もの忘れ外来」の現場から 奥村歩/著 世界文化社 2007.9
 ・アルツハイマー病にならない! 朝日選書 827  井原康夫/著 朝日新聞社 2007.8
 ・おしゃべり心療回想法  認知症予防のための「脳環境」づくり 小林幹児/著 論創社 2007.6
 ・アルツハイマー病の誤解 かに心書 健康に関するリスク情報の読み方 小島正美/著 リヨン社 二見書房 2007.4
 ・認知症予防への扉   竹田伸也/著 コープ出版 2007.4
 ・アルツハイマーを知るために 新潮文庫 さ-61-1  佐藤早苗/著 新潮社 2007.3
 ・臨床美術  認知症治療としてのアートセラピー 金子健二/編 日本地域社会研究所 2007.3
 ・認知症 ・アルツハイマー病介護 ・ケアに役立つ実例集   主婦の友社/編 主婦の友社 2007.1
 ・認知症 心理学的な対応   清水允煕/著 黎明書房 2006.5
 ・認知症 症状の心理学   清水允煕/著 黎明書房 2006.3
 ・認知症 認知症の症例集   清水允煕/著 黎明書房 2006.3
 ・認知症の予防と改善  音楽療法プログラムの実践と効果 赤星建彦/編著 音楽之友社 2006.12
 ・認知症の予防と対策   橋本泰子/編著 ブレーン出版 2006.1
 ・アルツハイマー病 ・認知症(痴呆症) よくわかる最新医学  主婦の友社/編 主婦の友社 2005.8
 ・認知症の正しい理解と包括的医療 ・ケアのポイント  快一徹!脳活性化リハビリテーションで進行を防ごう 山口晴保/編著 協同医書出版社 2005.5
 ・ぼけの予防 岩波新書 新赤版950  須貝佑一/著 岩波書店 2005.5
 ・認知症とは何か 岩波新書 新赤版942  小澤勲/著 岩波書店 2005.3
 ・認知症になるとなぜ「不可解な行動」をとるのか  深層心理を読み解きケアの方法をさぐる 加藤伸司/著 河出書房新社 2005.3
 ・痴呆老人が創造する世界   阿保順子/著 岩波書店 2004.2
 ・臨床美術のすすめ コミュニティ ・ブックス 脳の活性化と痴ほうの予防 ・改善に! 日本臨床美術協会/編 日本地域社会研究所 2004.12
 ・痴呆を生きるということ 岩波新書 新赤版847  小澤勲/著 岩波書店 2003.7
 ・臨床美術  痴呆治療としてのアートセラピー 金子健二/編 日本地域社会研究所 2003.3
 ・アルツハイマー病がわかる本  正しい理解と最善の対処のしかた 植木彰/著 法研 2003.12
 ・私は誰になっていくの?  アルツハイマー病者からみた世界 クリスティーン ・ボーデン/著 クリエイツかもがわ かもがわ出版 2003.1
 ・痴呆の謎を解く  アルツハイマー病遺伝子の発見 ルドルフ ・E.タンジ/共著 文一総合出版 2002.9
 ・痴呆老人の歴史  揺れる老いのかたち 新村拓/著 法政大学出版局 2002.7
 ・だんだん記憶が消えていく  アルツハイマー病:幼児への回帰 デヴィッド ・シェンク/著 光文社 2002.1
 ・痴呆性高齢者の動作法   中島健一/著 中央法規出版 2001.1

493.758
 ・認知症高齢者とその家族を支えるシンポジウム事業報告書   〔全国老人保健施設協会〕/〔編〕 全国老人保健施設協会 2007.3

493.76
 ・心の病は脳の傷  うつ病統合失調症認知症が治る 田辺功/著 西村書店 2008.12

525.1
 ・痴呆性高齢者のためのインテリアデザイン  自立を支援するケア環境づくりの指針 エリザベス ・ブローリイ/著 彰国社 2002.4

526.369
 ・イラストでみる*認知症高齢者のためのしつらえ  ユニットケアと小規模多機能施設 坂本啓治/著 学芸出版社 2007.1

598.4
 ・家族が認知症になったとき  待ち受ける困難とその支援 安田美弥子/著 日本評論社 2007.4
 ・認知症を介護する人のための本  ケアする家族をストレスから救う 加藤伸司/著 河出書房新社 2007.4
 ・息子61歳。仕事をしながらボケた母を介助する。   吉沢勲/著 海竜社 2002.4

916
 ・ふたたびのゆりかご 介護ライブラリー アルツハイマー型認知症の夫と笑い合う日々 多賀洋子/著 講談社 2009.5
 ・アルツハイマーの母をよろしく Minerva21世紀福祉ライブラリー 22 在宅介護続投中 野田明宏/著 ミネルヴァ書房 2007.7
 ・アルツハイマー在宅介護最前線 Minerva21世紀福祉ライブラリー 21 一人っ子独身中年オトコの赤裸々奮戦記 野田明宏/著 ミネルヴァ書房 2005.8
 ・八重子のハミング  4度のがん手術から生還した夫がアルツハイマーの妻に贈る、三十一文字のラブレター 陽信孝/著 小学館 2002.5
 ・娘から父 ・丹羽文雄へ贈る朗らか介護   本田桂子/著 朝日新聞社 2001.11

930.28
 ・愛がためされるとき  アイリスとの別れ ジョン ・ベイリー/著 朝日新聞社 2002.1
 ・作家が過去を失うとき  アイリスとの別れ ジョン ・ベイリー/著 朝日新聞社 2002.1

936
 ・夕光の中でダンス  認知症の母と娘の物語 エレノア ・クーニー/著 オープンナレッジ 2006.2
 ・長い長いさようなら  アルツハイマーと闘った父、レーガン元大統領に捧げる手記 パティ ・デイヴィス/著 竹書房 2005.12
NDC
漫画.挿絵.児童画  (726)
社会福祉  (369)
内科学  (493)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
老人性認知症 → アルツハイマー病
老人福祉
読み聞かせ
総合学習
調べ学習
鳥取市立図書館
大府市中央図書館
岐阜県図書館
痴呆
アルツハイマー
地域包括支援センター
アルツハイマー病
備考
(Notes)
定番事例
2013/3同様な質問あり。
登録番号
(Registration number)
2000014502完成/未完成
(Complete / Incomplete)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!