このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000250878
提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域585
事例作成日
(Creation date)
2018年10月25日登録日時
(Registration date)
2019年01月31日 10時41分更新日時
(Last update)
2019年01月31日 10時41分
質問
(Question)
 平成16年2月にいわき市長がドイツを訪問しているが、その時の新聞記事を見たい。
回答
(Answer)
 このドイツ訪問は、「いわき湯本温泉郷・21世紀への新たな構想推進会議」のドイツ視察団(団長:里見庫男氏 名誉団長:四家啓助市長(当時) いわき市、いわき商工会議所、湯本温泉関係者ら合計22名)が、温泉を中心とした国際交流を続けてきたドイツ・バーデンヴァイラー市をはじめとした、4都市を訪問したもの。平成16(2004)年2月7日から同年2月12日までの日程で、「いわき市観光物産協会」と「バーデンヴァイラー温泉・観光有限会社」の観光友好交流合意書に調印したほか、温泉保養プログラムの体験や先進地の視察を行った。

 以下の資料に記載されている。

・『福島民報 平成16年2月8日』3面
  「交流先の独に出発 湯本温泉 新たな構想推進会議」
・『同紙 平成16年2月10日』3面
  「独バーデンヴァイラー市といわき市 観光友好交流を推進 両協会が合意書締結 「温泉」核に産官民で」
・『同紙 平成16年2月13日』2面「いわきの独訪問団帰国」
・『同紙 平成16年2月14日』3面「いわき―ドイツ 温泉と観光の絆 上」
・『同紙 平成16年2月15日』3面「いわき―ドイツ 温泉と観光の絆 中」
・『同紙 平成16年2月16日』3面「いわき―ドイツ 温泉と観光の絆 下」

・『福島民友 平成16年2月8日』3面
  「いわき湯本 21世紀への新たな構想推進会議 ドイツ視察団出発」
・『同紙 平成16年2月8日』13面
  「温泉地の在り方を探る 商議所のドイツ視察団出発」
・『同紙 平成16年2月10日』3面
  「いわき市観光物産協、ドイツへ 友好交流合意書に調印 バーデンヴァイラー市訪問 温泉観光の企業と」
・『同紙 平成16年2月15日』13面
  「いわき湯本温泉郷 癒スパへの挑戦 ドイツミッション同行記1」
・『同紙 平成16年2月16日』11面
  「いわき湯本温泉郷 癒スパへの挑戦 ドイツミッション同行記2」
・『同紙 平成16年2月17日』15面
  「いわき湯本温泉郷 癒スパへの挑戦 ドイツミッション同行記3」
・『同紙 平成16年2月18日』15面
  「いわき湯本温泉郷 癒スパへの挑戦 ドイツミッション同行記4」
・『同紙 平成16年2月19日』13面
  「いわき湯本温泉郷 癒スパへの挑戦 ドイツミッション同行記5」

・『いわき民報 平成16年2月7日』3面
  「「ドイツミッション団」が出発 観光交流へ合意書を締結」
回答プロセス
(Answering process)
1.資料を調査
 上記回答のとおり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
観光事業  (689 9版)
地方自治.地方行政  (318 9版)
外交.国際問題  (319 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料①】『福島民報 平成16年2月』[1170194540・出納書庫]
【資料②】『福島民友 平成16年2月』[1170198863・出納書庫]
【資料③】『いわき民報 平成16年2月』[1170205551・出納書庫]
キーワード
(Keywords)
市長海外訪問
ドイツ
バーデンヴァイラー市
湯本温泉
観光交流
いわき湯本温泉郷・21世紀への新たな構想推進会議
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000250878解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!