このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000250153
提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域583
事例作成日
(Creation date)
2019年01月13日登録日時
(Registration date)
2019年01月13日 17時18分更新日時
(Last update)
2019年01月18日 16時04分
質問
(Question)
「いわき七浜」とはいつ頃から呼ぶようになったのか?
回答
(Answer)
「いわき七浜」は現在では、勿来、小名浜、永崎、豊間、薄磯、四倉、久之浜の浜を指すことが多いようです。
『昔あったんだっち』(佐藤孝徳 いわき地域学会出版部 1987)P277の「磐城七浜の範囲」によると、「岩城氏の領内で海に沿った地方は、「磐城七浜」とか「磐城灘」とか称された。磐城七浜とは、磐城には多くの浜がありますよ、との意味である」とあり、戦国時代のいわき地方の領主・岩城氏の頃から呼ばれていたようです。

現在では、「いわき七浜」というと特定の七つの浜を指していますが、当時はいわき地方の浜の総称で、現在の北茨城から富岡あたりまでを含んでいた、と考えられています。

『いわきふるさと大百科』(郷土出版社 2007)P124「磐城七浜と漁港」にも、同様の記述がありました。
回答プロセス
(Answering process)
1.資料を調査
上記回答のとおり。
参考までに、「いわき七浜」に関連するものを挙げておく。
・「磐城七浜」
 草野心平の詩(『ふるさと文学さんぽ 福島』P140)
・「磐城七浜大漁踊」
(『磐城北神谷の話』高木誠一 P125)
・「磐城七浜捕鯨絵巻」
 江戸期時代初期の作で、市指定有形文化財。
・「いわき七浜海道」
 市内沿岸部に整備を進めている自転車道路網の愛称。2020年度までの完成を目指している。
・「いわき七浜イケメンプロジェクト」
 いわき七浜をイケメン擬人化し、いわきの海の幸、魅力をSNSを使って発信している。
・「磐城七浜ワダツミセブン」
 いわき市非公認ヒーロー映画
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 10版)
日本  (291 10版)
参考資料
(Reference materials)
【資料①】『昔あったんだっち』[K/388/サ・1110067178]
【資料②】『いわきふるさと大百科』[K/210.1-1/イ・1112164353]
キーワード
(Keywords)
いわき七浜
磐城七浜
いわきななはま
海水浴場
海岸
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000250153解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!