このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000171492
提供館
(Library)
東京ウィメンズプラザ図書資料室 (4110023)管理番号
(Control number)
TWP0024
事例作成日
(Creation date)
2014年9月4日登録日時
(Registration date)
2015年04月27日 15時22分更新日時
(Last update)
2015年05月02日 08時59分
質問
(Question)
女性性器切除(FGM)について、日本での認識と対策はどうなっているか?また、いつから話題になり、どのように取り上げられてきたか?
回答
(Answer)
日本での受容については、「FGM廃絶を支援する女たちの会」の会報をすすめた。また、『戦士の刻印』、『母たちの村』、『デザートフラワー』などの映画や、『切除されて』。『ファウジーヤの叫び』、『喜びの秘密』、『砂漠の女デイリー』など海外小説の日本での翻訳・出版を通じて日本で認識され、問題となっていった可能性を指摘した。以下の資料を紹介した。

『Women's action against FFM, JAPAN/FGM廃絶を支援する女たちの会 会報』(No.1~68)
『世界の女性 2010 傾向と統計』(国連、2011年)
『フェミニズムの主張4:性・暴力・ネーション「同じ女」であるとは何を意味するのか/岡真理』(勁草書房、1998年)
『フェミニズムの狩猟4:女子割礼および/または女性性器切除(FGM)/大塚和夫』(勁草書房、1998年)
『JIU女性学 第5巻 第1号 女性性器切除についての考察/米川りつ子』(城西国際大学女性学会、2002年)
『女子割礼:因習に呪縛される女性の性と人権』(ホスケン、フラン・P著、明石書店、1993年)
『切除されて』(キャディ・コイタ著、ヴィレッジブックス、2007年)
『喜びの秘密』(ウォーカー、アリス著、集英社、1995年)
『ファウジーヤの叫び 上・下』(カジンジャ、ファウジーヤ著、ソニーマガジンズ、1999年)
『砂漠の女デイリー』(デイリー、ワリス著、草思社、1999年)

以下、視聴覚資料
『戦士の刻印:女性性器切除の現実』
『母たちの村』
回答プロセス
(Answering process)
性器切除は、アフリカをはじめとする国々で行われている女性の性器を切除する風習で、さまざまな形態があるが、女性への重大な人権侵害であり、健康面・心理面で長期的な影響を及ぼし、死亡例も報告されている。日本では見られない風習のため、書籍や映画を通して認識され、広まっていったと思われる。『戦士の刻印』の日本公開が1997年であり、同じ年に「FGM廃絶を支援する女たちの会」が活動を開始しているので、この年から認知がすすんだと考えられる。また、海外での認知は、アフリカから欧米などへの移民増加とも関連している。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
性器切除
FGM
女子割礼
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査 文献紹介 書誌的事項調査 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人 社会人
登録番号
(Registration number)
1000171492解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!