このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000209613
提供館
(Library)
岐阜県図書館 (2110001)管理番号
(Control number)
岐県図-2350
事例作成日
(Creation date)
2016年11月09日登録日時
(Registration date)
2017年02月10日 16時10分更新日時
(Last update)
2017年03月07日 12時41分
質問
(Question)
1958年当時の笠松女子刑務所の場所、収容人数が知りたい。また当時の様子を描いた資料はないか。
回答
(Answer)
1 場所
・『笠松町史 下巻』(笠松町史編纂委員会編 笠松町公民館刊 1957年発行)p316-317
・『女囚は訴える(園文集)』(笠松刑務所編・刊 1955年発行)奥付
では笠松町中川町23番地となっている。現在も同じ所在地。

2 収容者数
「国立国会図書館デジタルコレクション」に収録されている以下の資料に記載があった(「図書館向けデジタル化資料送信サービス」参加館公開)。
・『行刑統計年報 第60 昭和33年』(法務省大臣官房司法法制調査部調査統計課刊 1959年発行)
p.23(コマ24右)「9.施設収容人員」によると、笠松刑務所の総人員は303人(すべて女性)となっている。
またp.28-29(コマ27)「10.受刑者の施設別罪名別人員」によると、収容者の罪名は以下のとおり。
総数 303
うち刑法犯 245
 うち窃盗  173
   強盗   2
   詐欺   36
   恐喝   1
   横領   1
   賍物関係 3 
   文書、印章、有価証券偽造 1
   傷害   6
   殺人   11
   放火   11
うち特別法犯 58
 うち商業取締法   33
   覚せい剤取締法 22
   その他特別法犯  3

3 関連資料
質問と年代は異なるが、笠松刑務所を扱ったものとして以下の資料を所蔵している。
・『女囚は訴える(園文集)』(上記既出) … 笠松刑務所受刑者の文集。
・「女子刑務所歴訪記 笠松刑務所の巻」(重松一義著 『法学セミナー』256号(1976.7)p.122-128)
・『女子少年院・女子刑務所 その知られざる世界』(佐藤晴夫ほか著 有斐閣,1984年刊)
 …p190-195に「3 女子刑務所はどんなところか」に「笠松刑務所をみる」として笠松刑務所が取り上げられている。
回答プロセス
(Answering process)
1 『岐阜県史』、『笠松町史』を参照。『笠松町史』に場所の記載。

2 笠松刑務所の刊行物を検索。『女囚は訴える(園文集)』が該当、場所の記載あり。また、CiNii、国会サーチなどで郷土資料以外に記載のある資料を検索。

3 県関係の統計資料には刑務所に関する統計は記載されていない。

4 国会図書館「リサーチ・ナビ」で司法・警察関係の統計資料について参照。現在の統計は『矯正統計年報』にあるが、1958年当時はこの書名では出ていない。

5 NDL-OPACで『矯正統計年報』を検索すると、件名が「行刑-統計」となっている。この件名で検索すると、該当の年度の『行刑統計年報』があると分かる。

6 『行刑統計年報』は当館では所蔵していなかったので、国会のデジタルコレクションを検索したところ、当時の年報が該当。上記の記載を見つける。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
刑法.刑事法  (326 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000209613解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!