このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000033502
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M07010812556529
事例作成日
(Creation date)
2007/01/07登録日時
(Registration date)
2007年02月21日 02時11分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
御庭焼について知りたい。
回答
(Answer)
『大辞泉』によれば「岡山藩の御庭焼き。正徳年間に後楽園で創始。俗に色絵備前などとよばれる」とする。『岡山県大百科事典』『岡山の焼物』では別名として後楽園焼、旭川焼を挙げ、三代継政の頃には後楽園の花畠で操業していたとする。作品は楽焼で精巧な細工物の彩色備前か絵備前とする。現在の後楽園御庭焼は『岡山の焼物』によれば1907(明治40)年頃から、田中巴石によって後楽園入口にて楽焼の茶陶を焼いたのを始まりとする。岡山後楽園のHP内にある園内売店・茶店案内の「残夢軒」に後楽園御庭焼について「三代・把石、四代・把石による「御庭焼」は、現代に伝わるレトロの伝道師です」という紹介がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
陶磁工芸  (751 9版)
参考資料
(Reference materials)
小学館「大辞泉」編集部『大辞泉』小学館,1995.岡山県大百科事典編集委員会編『岡山県大百科事典 上』山陽新聞社 1980.桂又三郎『岡山の焼物 岡山文庫3』日本文教出版,1970.桂又三郎『備前閑谷焼とお庭焼』大雅洞,1969.岡山後楽園HP「園内売店・茶店案内」(2006年12月現在)(http://www.okayama-korakuen.jp/chaya/chaya.htm)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2007010812531656529
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000033502解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!