このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000068552
提供館
(Library)
愛知学院大学図書館情報センター (3310067)管理番号
(Control number)
日進10S-11
事例作成日
(Creation date)
2010/06/18登録日時
(Registration date)
2010年06月28日 16時14分更新日時
(Last update)
2015年12月04日 13時35分
質問
(Question)
「迦陵頻伽」(かりょうびんが)という美女の顔をした鳥の繪が見たい。
回答
(Answer)
下記資料を紹介する。
『広辞苑 第六版』新村出編/岩波書店/2008/(813.1/0137/1)p606
『仏画の鑑賞基礎知識』有賀祥隆/至文堂/1991/(721.1/03)p138
『日本大百科全書 5』小学館/1985/(031/014/5)p883
『世界大百科事典 6』平凡社/2007/(031/043/6)p178-179
『名宝日本の美術 9』田口栄一/小学館/1982/(708/015/9)図版Ⅱ42、p103
回答プロセス
(Answering process)
『広辞苑 第六版』(813.1/0137/1)で「かりょうびんが」と引くと絵と意味が掲載されていた。
ブラウジングで『仏画の鑑賞基礎知識』(721.1/03)目次より、「3.仏画の内容に関する基礎知識-“ほとけ”の意味・なりたち」-「天」に「迦陵頻伽」を見つけ確認する。写真187(奈良国立博物館・牛皮華鬘(ごひけまん))とある。(*1 備考参照)
『日本大百科全書』(031/014/5)で「かりょうびんが」の項目を引くと写真掲載あり。写真の説明に「中尊寺金色堂内の金銅華鬘(こんどうけまん)にみえる迦陵頻伽文」との記述あり。
また「迦陵頻伽」の説明中に「浄土曼荼羅絵では人頭鳥身の姿に描かれる」と記述があったので、自館OPACにてキーワード「浄土曼荼羅」で検索をする。
『日本浄土曼荼羅の研究』(186.8/05)→×
『ブリタニカ国際大百科事典』(031/031/4)→×
『世界大百科事典』(031/043/6)に中尊寺金色堂、螺鈿八角須弥壇格狭間の写真掲載あり。
自館OPACにてキーワード「中尊寺」で検索。
『名宝日本の美術9 平等院と中尊寺』(708/015/9)の目次より「金銅華鬘」を見つけ、図版42写真を確認する。
他にp103に螺鈿八角須弥壇の迦陵頻伽の写真も掲載されていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏教  (180 7版)
芸術.美術  (700 7版)
参考資料
(Reference materials)
『広辞苑 第六版』新村出編/岩波書店/2008/(813.1/0137/1)p606
『仏画の鑑賞基礎知識』有賀祥隆/至文堂/1991/(721.1/03)p138
『日本大百科全書 5』小学館/1985/(031/014/5)p883
『世界大百科事典 6』平凡社/2007/(031/043/6)p178-179
『名宝日本の美術9』田口栄一/小学館/1982/(708/015/9)図版Ⅱ42、p103
キーワード
(Keywords)
迦陵頻伽
仏教
仏画
中尊寺金色堂
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
*1 奈良国立博物館HP「収蔵品データベース」にてみることが出来る。 http://www.narahaku.go.jp/collection/d-751-0-1.html  (2015/12/4最終アクセス)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
司書講習生
登録番号
(Registration number)
1000068552解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!