このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000257609
提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京歴-440
事例作成日
(Creation date)
2018年08月16日登録日時
(Registration date)
2019年06月19日 11時55分更新日時
(Last update)
2019年06月19日 12時54分
質問
(Question)
明治または大正期にアメリカの万博で披露された仏画(版画)について知りたい。
回答
(Answer)
質問者がお調べの仏画「孔雀明王像」について、「芸術新潮」42巻3号(通号495号)(①)pp.74-73の記事「執念の千三百度摺り!世界一の巨大木版画再現」に、仁和寺の「孔雀明王像」が明治時代に原寸大の木版画で複製され、セントルイス万博に出品されて名誉金杯を獲得したとある。
この記事に、同じ版木を用いて1990年に刷り直した複製版をカラーで掲載している。

仁和寺に所蔵されている孔雀明王像(原本)について、『孔雀明王像(日本の美術 No.508)』(②)、『重要文化財木造孔雀明王坐像修復完成記念』(③)を提供した。
ほか、仁和寺の孔雀明王像は、『仁和寺大観 宇多天皇開創千百年記念 旧御室御所「仁和寺の名宝のすべて」』(④)のpp.31-34、『日本美術全集 6 東アジアのなかの日本美術』(⑤)の図26にも掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
明治大正期にアメリカで行われた万博をインターネット調べたところ、1876年にフィラデルフィア、1893年にシカゴ、1904年にセントルイス、1915年にサンフランシスコで開催されたことがわかった。

さらに、キーワード「アメリカ 万博 仏画」で検索したところ、お調べの木版画の復刻に携わった竹中平八氏の所属する竹笹堂ホームページにある「木版画復刻「国宝孔雀明王像 世界最大級複製木版画」」(⑥)という記事が見つかった。このページにより、1904年のセントルイス万博に仏画「孔雀明王像」が出品されていたことがわかったので、質問者に仏画の画像を確認してもらった。
http://www.takezasa.co.jp/service/archive/re_kujaku.html
(最終確認日:2019-5-29.)

この複製木版画について、図書・雑誌等でも確認するため、国立国会図書館オンラインで「孔雀明王 複製」で検索したところ、①の記事が見つかった。

ほか、当館の蔵書検索システムで「孔雀明王像」をキーワードにして検索し、仁和寺で所蔵される孔雀明王像原本の画像が掲載されている資料②~⑤を提供した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
芸術史.美術史  (702)
参考資料
(Reference materials)
① 新潮社編.芸術新潮 42巻3号(通号495号).新潮社,1991. (当館請求記号:||ケイシ)
② 増記隆介[執筆・編集].孔雀明王像 日本の美術 No.508.至文堂,2008. (当館請求記号:||702.1||N71||508)
③ 重要文化財木造孔雀明王坐像修復完成記念.高野山霊宝館,1988. (当館請求記号:||702.098||KO97||)
④ 総本山仁和寺,京都国立博物館監修.仁和寺大観 宇多天皇開創千百年記念 旧御室御所「仁和寺の名宝のすべて」.法蔵館,1990. (当館請求記号:K161特||702.098||N76||)
⑤ 板倉聖哲責任編集[板倉聖哲ほか執筆].日本美術全集 6 東アジアのなかの日本美術.小学館,2015. (当館請求記号:E||708.7||N71||6)
⑥ 木版印刷・竹笹堂HP内「木版画復刻「国宝孔雀明王像 世界最大級複製木版画」
キーワード
(Keywords)
孔雀明王像
セントルイス万博
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000257609解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!