このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000257619
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
武蔵浦和-1-00050
事例作成日
(Creation date)
2019年04月07日登録日時
(Registration date)
2019年06月19日 13時38分更新日時
(Last update)
2019年08月01日 09時45分
質問
(Question)
学校の課題で、防災上の観点から公衆電話について知りたい。
公衆電話の台数が過去最大の頃と、現在の武蔵浦和駅周辺(中浦和駅、北戸田駅を除いた鹿手袋・別所・沼影の一部)の公衆電話設置地図がわかる範囲で見たい。
回答
(Answer)
2015年の武蔵浦和駅周辺オ公衆電話設置場所は、NTT東日本のホームページで見れるが、20年前まではない。
全国の公衆電話の設置台数の推移が載っている本と、公衆電話の昔から現在までの写真が載っている本を3冊紹介した。
『1970年代の日本と今の日本』
『情報通信白書(平成30年版)』
『社会科はじめて大百科』
回答プロセス
(Answering process)
質問から回答まで2日間でわかった範囲のデータや資料の紹介依頼。
『社会科はじめて大百科』ポプラ社 ,1994. p.24-27 公衆電話の項目あるが、始まりと移り変わりについて載っているのみであったため不要。
『1970年代の日本と今の日本』PHP総合研究所 , 2006. p.35 公衆電話の数掲載あり。
『情報通信白書(平成30年版)』 総務省, p.250 武蔵浦和駅周辺の公衆電話設置場所/さいたま市の災害時公衆電話設置場所データあり。同内容が、NTTホームページ内の「埼玉県公衆電話設置場所検索」にある。最新2015年のみである。過去のデータについてNTTへ問い合わせたところ、残っていないとのこと。
住宅地図や道路地図も確認したが、公衆電話は載っていない。公衆電話は地図記号にない。
事前調査事項
(Preliminary research)
インターネット調査。
NDC
日本  (351)
通信事業史.事情  (692)
参考資料
(Reference materials)
平成30年版 情報通信白書, ISBN 978-4-86579-121-1
日本国勢図会, ISBN 978-4-87549-149-1
数字でみる日本の100年, ISBN 978-4-87549-446-1
キーワード
(Keywords)
公衆電話
台数
災害時
特設公衆電話
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000257619解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!