このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000106120
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2012-035
事例作成日
(Creation date)
2012年02月02日登録日時
(Registration date)
2012年05月17日 10時57分更新日時
(Last update)
2012年07月27日 13時45分
質問
(Question)
岩手県から富岡製糸場へ派遣された女工の名前を知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料より、岩手県から富岡製糸場に派遣された女工が明治6年4月に8名いたことがわかるが、名前の記述がある資料は見つからなかった。

『日本庶民生活史料集成 12』(谷川健一〔ほか〕編集 三一書房 1972)和田英著「富岡日記」の所収あり。
p431 本文中に、岩手からの入場者については記述なし。
p470「繰糸伝習工女雇入方心得書」という資料の紹介あり。県立未所蔵。
p470「富岡日記 補註32」に、「明治6年4月現在の県別工女数」があり、「岩手(八)」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
富岡製糸場の工女について調査するが、以下の資料に関係の記述なし。

『尾高惇忠 郷土の先人 深谷ふるさと文庫 1』(荻野勝正著 博字堂 1995)
p26「工女郷貫録」という資料があることがわかるが、県立未所蔵。

『新藍香翁』(塚原蓼州著 青淵渋沢栄一記念事業協賛会 1979)
p157「この美風を伝え聞き、翁を尊び、かつ信んじて、今では自家の娘に『富岡工女』の肩書をつけるのが名誉と考えるほどになった。この名声は遠方山口県に及び…」とあるが、岩手県については記述なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
「岩手県蚕糸業史」(岩手県蚕糸振興協議会 1980)
NDC
労働経済.労働問題  (366 9版)
製糸.生糸.蚕糸利用  (639 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本庶民生活史料集成 12』(谷川健一〔ほか〕編集 三一書房 1972)
キーワード
(Keywords)
蚕業-岩手県-歴史
富岡製糸所
女性労働-群馬県
繊維工業-従業員
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000106120解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!