このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000233033
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M18021613287789
事例作成日
(Creation date)
2018/03/18登録日時
(Registration date)
2018年03月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
昭和63年3月に起きた,福岡市立長尾小学校における「ゲルニカ事件」について知りたい
回答
(Answer)
①1988(昭和63)年の福岡市立長尾小学校の卒業式において,卒業制作として描いた「ゲルニカ」が飾られるはずのステージに日の丸が張られ,リハーサルになかった「国歌斉唱」が行われた。この国歌斉唱の途中で,児童の一人が「歌えません」と叫び多数の児童が着席した。当時の担任である井上龍一郎教諭は,この児童に呼応するかのように着席した。また,作品を卒業式の一番良い場所(ステージ上)に掲げてほしいと求める職員案に対し,校長は日の丸を正面に据えた厳粛な儀式を求め,職員会議は紛糾。前々日のリハーサルまでステージにあった「ゲルニカ」は当日,卒業生の背後に掲げられることになった。このことに反発した児童数人が,式中の決意表明の際に「悔しい」と発言。一人が「私は、深く怒り,屈辱を感じています。校長先生は私たちを大切に思っていなかったようです。ゲルニカには,平和への願いや私たちの人生への希望も託していたのに。」と発言。来賓から「帰んなさい」などの怒声が飛ぶ事態になった。この児童は「私は校長先生のような人間にはなりたくありません」と言い切り,ヤジと拍手を浴びた。
同年6月の市議会で「イデオロギー教育だ」「子どもたちの行動は担任がさせたとしか思えない」と問題となり,同年末井上教諭は地方公務員法29条に基づいて,昇給が3カ月遅れる戒告処分を受けた。
②にも同様の内容が書かれているが,本書は井上教諭による手記であり,担任したクラスの前年度の様子や母親の手紙なども載せられており,事件についてより詳しく知ることができる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
学校経営.管理.学校保健  (374 9版)
参考資料
(Reference materials)
①葛岡雄治『卒業式 : 学校行事としての』 晩成書房,1999,243p. 参照はp.11-13.
②井上龍一郎ほか『ゲルニカ事件 : どちらがほんとの教育か 井上竜一郎とお母さんたち』 径書房,1991,302p. 参照はp.1-299.
キーワード
(Keywords)
ゲルニカ事件
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2018021613224587789
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000233033解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!