このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000250867
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2018-085
事例作成日
(Creation date)
2018年04月12日登録日時
(Registration date)
2019年01月30日 16時41分更新日時
(Last update)
2019年07月04日 15時41分
質問
(Question)
『続々群書類従 第七 法制部2』(国書刊行会編 続群書類従完成会 1984)に徳川幕府直轄関所一覧が掲載されている。この中の「栗橋関所(房川渡中田)」が最初に文献に出てきたのはいつか知りたい。
回答
(Answer)
下記の資料を紹介した。

『久喜市栗橋町史 第4巻 資料編』(久喜市教育委員会編 久喜市教育委員会 2013)
 p435-497 「栗橋関所と房川渡し」の章に久喜市指定文化財島田昌弘家文書、栃木県立文書館寄託大島延次郎家文書等、1616年(元和2年)からの史料あり。
 P435-441 栗橋関所設置について、「元和二年(一六一六)八月 御関所御定書(抄)」が掲載されている。「房川渡中田」「房川渡御関所」等の記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 事前調査事項の資料を確認する。
『芭蕉はどんな旅をしたのか 「奥の細道」の経済・関所・景観』(金森敦子著 晶文社 2000)
 p28-29「曾良は「関所」と「番所」を区別なく使っているし、他の旅日記でも区別せずに使っている場合が多い。厳密にいえば、関所は幕府が設置したものであり、口留番所(単に番所ということが多い)は各藩が設置した私的な関所をいう。」とあり。

2 自館目録を〈関所〉で検索する。
『栗橋の歴史 静御前・栗橋宿・栗橋関所』(久喜市 2017)
 p20-23に栗橋関所について記述あり。栗橋関所の開設は1624年とあり。
『久喜市栗橋町史 第1巻 通史編』(久喜市教育委員会編 久喜市教育委員会 2015)
 p191-194 房川渡と関所の設置

〈その他調査済み資料〉
『新編埼玉県史 通史編 3 近世』(埼玉県編 埼玉県 1988)
『埼玉県史料叢書 13(上) 栗橋関所史料』(埼玉県教育委員会編 埼玉県 2002)
『埼玉県史料叢書 13(下) 栗橋関所史料』(埼玉県教育委員会編 埼玉県 2003)
『埼玉県史料叢書 14 栗橋関所史料』(埼玉県教育委員会編 埼玉県 2010)
『埼玉県史料叢書 15 栗橋関所史料』(埼玉県教育委員会編 埼玉県 2012)
『埼玉県史料叢書 16 栗橋関所史料』(埼玉県教育委員会編 埼玉県 2013)
事前調査事項
(Preliminary research)
「おくのほそ道」及び「曾良旅日記」に、元禄2年(1689年)に栗橋関所を通航したと記載がある。下記の資料を参照した。
『江戸庶民の旅 旅のかたち・関所と女 平凡社新書 148』(金森敦子著 平凡社 2002)
『芭蕉はどんな旅をしたのか 「奥の細道」の経済・関所・景観』(金森敦子著 晶文社 2000)
NDC
関東地方  (213 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『久喜市栗橋町史 第4巻 資料編』(久喜市教育委員会編 久喜市教育委員会 2013)
キーワード
(Keywords)
関所-埼玉県-久喜市
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000250867解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!