このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000032186
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M06033014052114
事例作成日
(Creation date)
2005/12/11登録日時
(Registration date)
2006年12月08日 02時11分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
第八十六国立銀行はどこにあって,現在のどの銀行につながっているのかを知りたい。
回答
(Answer)
第八十六国立銀行は明治5年の国立銀行条例(太政官第349号)により設置された銀行で,中国銀行の前身であった。 『岡山県史 第10巻』には,明治11年11月に国立銀行創立願が出され,翌12年5月高梁市に資本金8万円をもって設立されたとある。金禄公債証書を株式として銀行に吸収することで,旧高梁藩士族の保護・救済に役立てようとしていた。株主の中に,200名近い士族の名を見ることができ,設立の中心的役割を担ったのは旧領主板倉家と若干の側近士族および高梁の大商人であった。 『中国銀行五十年史』によると,第八十六国立銀行設立の中心的な役割を果たしたのは,三島毅であるとしている。そのほか,初期の経営などについて詳細に掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
世界史.文化史  (209 9版)
参考資料
(Reference materials)
明治財政史編纂会編纂『明治財政史』第13巻,吉川弘文館,1972,268p. 岡山県史編纂委員会編纂『岡山県史 第10巻』岡山県,1985,p.570-575. 『中国銀行五十年史』 中国銀行,1983,p.32-53,103-115,185-188
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2006033014003052114
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000032186解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!