このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000139306
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20131021-16
事例作成日
(Creation date)
2013年10月21日登録日時
(Registration date)
2013年10月21日 22時54分更新日時
(Last update)
2013年10月22日 12時35分
質問
(Question)
王重陽について知りたい。
回答
(Answer)
王重陽 【おうじゅうよう】 コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E7%8E%8B%E9%87%8D%E9%99%BD (2013/10/21確認)
世界大百科事典 第2版の解説
おうじゅうよう【王重陽 Wáng Chóng yáng】 1113‐70
中国,金代の道士。新道教の一派,全真教の創立者。陝西省咸陽大魏村の人。初めの名は中孚,字は允卿,得道して名を喆(嚞)(てつ),字を知明(智明)と改め,重陽子と号した。最初科挙を目指したが果たさず,武挙(武官の試験)に応じて合格した。けれども重用されず,締りのない生活を送り,害風と呼ばれた。1159年(正隆4),甘河鎮で呂洞賓ともされる異人に会い口訣(くけつ)を授けられてから,妻子を棄てて修業し,得道して全真教(金蓮正宗)を開いた。

大辞林 第三版
おうてつ【王嚞】
(1113~1170) 中国,金の道士。全真教の創始者。字(あざな)は知明,号は重陽。山東で布教。

デジタル大辞泉
おう‐てつ 〔ワウ‐〕 【王嚞】
[1113~1170]中国、金(きん)の道士。全真教の開祖。咸陽(かんよう)(陝西(せんせい)省)の人。字(あざな)は允卿(いんけい)。号は重陽子。48歳のとき、改心して道士となり、全真教を樹立し、山東半島に布教。著「重陽立教十五論」など。

王嚞(おうてつ) Yahoo!百科事典[日本大百科全書(小学館)]
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E7%8E%8B%26%23x569E%3B/ (2013/10/21確認)
(1113―1180)
中国、金代の道士。道教の一派全真(ぜんしん)教の開祖。初名は中孚(ちゅうふ)、字(あざな)は允卿(いんけい)。回心後、喆(てつ)(哲と同字)と改名。重陽子(ちょうようし)と号し、開教後さらに嚞(てつ)に改める。北宋(ほくそう)の政和(せいわ)2年末、咸陽(かんよう)の大魏(たいぎ)村(陝西(せんせい)省)の富裕な地主の家に生まれる。・・・
おもな著作に『重陽立教十五論』『金関玉鎖訣(きんかんぎょくさけつ)』『全真集』『教化集』などがある。
参考文献
吉岡義豊著『道教の研究』(1952・法蔵館)

中国文化史大事典 / 尾崎雄二郎, 竺沙雅章, 戸川芳郎編集代表 東京 : 大修館書店 , 2013 ISBN:97844690128
p.86 おうちょうよう 【王重陽】

中国学芸大事典 近藤春雄著 大修館書店 1978 ISBN:4469032018
p.52 おうてつ 【王嚞】
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中世思想.近代思想  (125 9版)
中国  (222 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
王嚞 おうてつ
王重陽 おうちょうよう おうじゅうよう
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000139306解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!