このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000046793
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-2D-200801-01
事例作成日
(Creation date)
2008/01/12登録日時
(Registration date)
2008年08月22日 02時10分更新日時
(Last update)
2008年11月19日 21時13分
質問
(Question)
「義親別序信」の意味が知りたい。「江戸時代の古文書を読む 享保の改革」に「義親序別信の道なくなりぬ」といった記述があったのだが。
回答
(Answer)
google book で「義親別序信」というキーワードで検索すると、『平賀源内 -その行動と思想-』(評論社)193 ページに、「群臣、父子、夫婦、兄弟、・朋友といった、いわゆる五倫、すなわちその間に義親別序信の教があり、・・・」とあり、「五倫を平易に説いたもの」であることが判明。
「広辞苑 6版」p.1063「五倫」→「儒教で人として守るべき五つの道。君臣の義、父子の親、夫婦の別、長幼の序、朋友の信を言う。」とあり。
「中国思想辞典」(研文出版) p.145の「五倫」の項目→「(前略)その内容となるべき、類別された5つの人間関係とそのそれぞれの徳目は、『孟子』にみられる。『契をして司徒となし、教うるに人倫をもってし、父子に親あり、君臣に義あり、夫婦に別あり、長幼の序あり、朋友に信あらしむ』に基づいている」とあり。
「哲学辞典」(青木書店)p.153~154 「五倫五常」解説あり。
「日本思想史辞典」(ぺりかん社)p.199 「五倫五常」解説あり。
以上をご案内。
回答プロセス
(Answering process)
1.google book で、”義親別序信”というキーワードで検索し、ヒットした情報よりの中より、
  当館所蔵の『平賀源内 -その行動と思想-』(評論社)193 ページを確認。
「群臣、父子、夫婦、兄弟、・朋友といった、いわゆる五倫、すなわちその間に義親別序信の教があり、・・・」とあり、
「五倫を平易に説いたもの」であることが判明。
また、「義親別序信(支那では親珪別序信)」(「水戸学大系」水戸学大系刊行会 1941年)との記述もあり。

2.”親珪別序信”というキーワードで、再度google bookを検索。
  『近代化の推進者たち』(思文閣出版)より、「五倫(親珪別序信)は、中世後期から教育の理想として認識」との記述が見つかる。

3.”五倫”をキーワードに、広辞苑や思想関係辞典を調査する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
東洋思想  (120 9版)
参考資料
(Reference materials)
google book   http://books.google.co.jp/ (2008.8.19確認)
「広辞苑 第六版」岩波書店,2008(当館書誌ID:0011569276)ISBN 978-4-00-080121-8
「中国思想辞典」研文出版,1984(当館書誌ID:0070115678)
「哲学辞典」青木書店,1995(当館書誌ID:0000443269)ISBN 4-250-95016-6
「日本思想史辞典」ぺりかん社,2001(当館書誌ID:0010091285)ISBN 4-8315-0951-5
キーワード
(Keywords)
五倫
親珪別序信
義親別序信
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000046793解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!