このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000200955
提供館
(Library)
相模原市立相模大野図書館 (2210033)管理番号
(Control number)
相大-H28-033
事例作成日
(Creation date)
2016年11月23日登録日時
(Registration date)
2016年12月06日 18時47分更新日時
(Last update)
2018年08月16日 14時12分
質問
(Question)
相模原市立博物館所蔵の板碑3つの各所蔵場所、発掘の経緯など調べたい。
回答
(Answer)
下記の資料を提供した。
B.『相模原の文化財』
C.『相模原の文化財』
D.『相模原の史跡』
E.『さがみはらの文化財 第6集 相模原の板碑』
F.『相模原市史 文化遺産編』
G.『相模原市史 考古編』
H.相模原市のホームページ「相模原市指定文化財」
回答プロセス
(Answering process)
1.3つの板碑を特定するため、自館の郷土資料書架で“市立博物館所蔵目録”の資料を探した。

A.『相模原市立博物館 常設展示解説書』 相模原市立博物館/編 相模原市立博物館 1996 【s13064126 K1-06】
p45「仏教遺産」項目に展示の部屋の写真1枚、相模原市の板碑の多くが境川流域にあること、分布時代の記載あり。
p115「展示資料一覧」「仏教遺産」の項に、
①「阿弥陀三尊来迎板碑双碑(複製) 惣吉稲荷所蔵」
②「阿弥陀一尊来迎板碑(複製) 上矢部御嶽神社所蔵」
③「阿弥陀三尊種子板碑(複製) 安楽寺所蔵」とあり。
p45「仏教遺産」に写真「一遍上人像と板碑(展示室)」に調べたい板碑の写真あり。
板碑の説明に「上溝の安楽寺」③について記載あり。

2.自館OPACでキーワード“板碑”で検索した。

B.『相模原の文化財』 相模原市教育委員会生涯学習部生涯学習課文化財保護室/編 相模原市 【s21278700 K1-06】
板碑3つの種別、文化財指定年月日、所在、記号番号、内容の記載あり。
p19「中和田延文四年の板碑(双碑)」①惣吉稲荷
p20「上矢部乾元二年の画像板碑」②上矢部
p55「上溝正応五年の板碑」③安楽寺

C.『相模原の文化財』 相模原市教育委員会/編 相模原市教育委員会 【s11172798 K1-06】
p1「中和田延文四年の板碑 2基」①
概説に、道生山の山中にあったものを移したとの記載あり。
p2「上矢部乾元二年の画像板碑 1基」②
概説に、もともとあった宿屋敷から現在の地へ移されたとの記載あり。

D.『相模原の史跡』 座間 美都治/著 座間美都治 1976 【s21978903 K1-21】
p28「上矢部の板碑」に所在場所周辺の様子、由来の記載あり。

E.『さがみはらの文化財 第6集』 相模原市教育委員会/編 相模原市 1971 【s19912906 K1-06】
相模原の板碑がテーマの資料である。

3.自館の郷土資料書架を探した。

F.『相模原市史 文化遺産編』 相模原市教育委員会教育局生涯学習部博物館/編 相模原市 2015 【s32797052 K1-21】
p232「第六章 石造物―信仰とその遺産(三)第一節 中世の製造物 四 板碑」の「(三)上矢部薬師寺堂の板碑」、
p235「(四上鶴間惣吉稲荷の板碑)」それぞれの所在と広まった経緯の記載あり。
p233に①②の写真と図、③の図あり。
p234「相模原市 紀年銘板碑一覧」板碑の種子、根号、銘文、所在、大きさの掲載あり。

G.『相模原市史 考古編』 相模原市教育委員会教育局生涯学習部博物館/編 相模原市 2012 【s31927064 K1-21】
p495「第6章中世」の「相模原市域の紀年銘板碑」に①②地区の解説あり。
p497「相模原市 紀年銘板碑一覧」板碑の種子、根号、銘文、所在、大きさの掲載あり。(Eと同じもの)
p498③、p499②、p505-506①板碑の図あり。(Eより大きいが同じもの)

4.インターネットGoogleにて“キーワード“相模原 板碑”で検索する。

H.相模原市のホームページにて、「相模原市指定文化財」に項目あり。
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kyouiku/bunkazai/list/21983/ (最終確認2017.2.14)

「10.中和田延文四年の板碑(双碑)」①
「11.上矢部乾元二年の画像板碑」②
「23.上溝正応五年の板碑」③

5.②「阿弥陀一尊来迎板碑(複製) 上矢部御嶽神社所蔵」「上矢部乾元二年の画像板碑」の名称の違いがあったため、場所も含めて市立博物館学芸員に電話で確認する。
・どちらも同じものを指す。管理は保存会(神社)がしており、御嶽神社、薬師堂内にあるのではなく、道路の反対側にあるとのこと。

注:【 】は自館の請求記号と資料コード
事前調査事項
(Preliminary research)
相模原市立博物館で、レプリカを見てきた。詳しく知りたいと訊ねたところ、関する資料が図書館に所蔵されていると聞き訪れた。
NDC
博物館  (069)
日本史  (210)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
相模原
板碑
照会先
(Institution or person inquired for advice)
相模原市立博物館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000200955解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!