このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000192260
提供館
(Library)
宮城県白石高等学校図書館 (5100010)管理番号
(Control number)
宮城県白石高-2016-05
事例作成日
(Creation date)
2016年05月16日登録日時
(Registration date)
2016年05月16日 14時53分更新日時
(Last update)
2016年08月25日 08時26分
質問
(Question)
ビー玉はなぜビー玉というのか。
回答
(Answer)
大きく分けて二つの説があります。

説1 ビー玉のビーはポルトガル語のビードロ(vidro)のビーである。ビードロで作った玉なのでビー玉という。
説2 ビー玉のビーはアルファベットのBである。ガラス玉の規格として,A玉にならなかったものをビー玉という。
回答プロセス
(Answering process)
まず,辞書や百科事典の記述を確認する。

調査資料1のp518に「ビーだま   ビー玉」の項があり以下の記載があります。
「指でつまめる程度のガラス玉,またはそれを用いた遊び.ビーはポルトガル語の
〈ビードロ vidro〉の略.ガラスが普及するのは明治期になってからで,ラムネのびんに
入っているガラス玉がまず利用され,〈ラムネ玉〉と呼ばれたが,やがて玩具として
つくられるようになり,ビー玉の名が起こった.(後略)」

調査資料2のp2332に「ビー・だま」の項があり以下の記載があります。
「(「ビー」はビードロの略)ガラス玉。」

調査資料3のp582に「ビー・だま」の項があり以下の記載があります。
「(ビーは「ビードロ」の略)ガラス玉。ふつう,子どもが遊びに使うものをいう。
また,それを用いてする遊び。(後略)」

その後,他館レファレンス事例をブラウジング。「雑学」の分野に何かないか,と考え
書庫内資料を適当にブラウジング。調査資料4を参照する。

調査資料4のp50に以下の記載があります。
「ラムネのビンの中には栓用のガラス玉が入っているが、その玉の規格品はA、
不良品はBと分類され、不良品は子供のオモチャに下取りされた。これがビー玉の
語源となった。」
事前調査事項
(Preliminary research)
「ガラスをビードロと呼ぶことからきている」という説ではないものが
あれば知りたい。
NDC
雑著  (049)
参考資料
(Reference materials)
調査資料1 世界大百科事典23 ハマーヒニ 平凡社 1988
調査資料2 広辞苑 第六版 新村出 2008
調査資料3 日本国語大辞典 16 のき-ひたん 小学館 1975
調査資料4 トンデモ一行知識の世界 唐沢俊一 ちくま文庫 2002
調査資料5 学校と毎日の遊び たかいひろこ ポプラ社 2015
調査資料6 びんの話 山本孝造 日本能率協会 1990
調査資料7 まだまだパイプのけむり 團伊玖磨 朝日文庫 1977
キーワード
(Keywords)
ガラス玉
びん玉
ラムネ玉
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
質問日は不明。
辞書や百科事典については「ビードロ説」が有力。
しかし,参考文献は一つだけであるが異なる説を紹介できている。
他の資料(児童書,びんについての資料)について追跡調査できると良い。
なお,大阪市立中央図書館の以下の事例についても大変参考になる。
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000063071

【2016年5月18日追記】
事例掲載後,宮城県内の図書館員から下記の情報が寄せられました。
情報提供に感謝します。

『学校と毎日の遊び』たかいひろこ著 2015 ポプラ社のp26-29に
「むかしながらの外遊び」という項があり,p29に
「ビー玉遊び(三角だし)」について,以下の記載があります。
「ビー玉はA玉(→37ページ)になれなかったB級の玉のことです。
ビー玉を投げて遊びます。(後略)」
また,p36-41に「町の楽しみ」という項があり,
p37に「ラムネ」について,以下の記載があります。
「なかにあるガラス玉がほしくて、びんをわってしかられました。びんのなかにある
ガラスの玉は、まんまるな玉(A級の玉=A玉)です。」

【2016年5月31日追記】
事例掲載後,宮城県内の図書館において下記資料を確認しました。

『びんの話』山本孝造著 1990 日本能率協会の「ラムネとサイダー」の項
p156に以下の記載があります。
「この玉について、日本では、”ビー玉”という方が通りがいい。
なぜそう呼ばれるようになったかについては、諸説があるようだ。
明治時代には、まだガラス玉を作る機械がなかったようだから、
出来上がった玉の直径に微妙な差異が生じた。そこで、ラムネの
玉壜に入れて使えるのを”A玉”に、不良品を”B玉”にと選り別けた。」

【2016年6月7日追記】
事例掲載後,レファ協Twitterに寄せられた情報を基に,下記資料を
宮城県内の図書館で確認しました。
情報提供に感謝します。

まだまだパイプのけむり 團伊玖磨 朝日文庫 1977
p100-p111に「B玉」の項があり,p105に以下の記載があります。
「(前略)専務の松野さんが出て来られて、実に明快に、びい玉に就いての総べてを
説明して下さった。解かれて行く疑問を、次々に僕は心に記した。

「今はびい玉という名はもう使いません。我々業者は、あの工場の破風に書いて
ありますように、グラス・マーブルと呼んでいます」
「成る程、グラス・マーブルね、どうも我々は、びい玉、びい玉と言い馴れているものですから、
つい」
「えゝ,一般にはびい玉の方が通りが良いでしょうね。まあ、俗名というところですか」
「大体、びい玉の語原は何なのでしょう、『広辞苑』などには、びいどろの玉の略だと
書いてありますし、そんな感じもしますが」
「いや、そうでは無いと思います。我々業者は、何色かを使った、昔錦玉とも言った上等の
ものをA弾、若しくはA玉、ブルー一色の、昔ラムネ玉とも言った粗末な方をB弾、若しくは
B玉と呼んでいましたから、きっとその言葉が一般に流出してびい玉になったのだと思います」
「ほう」

僕は、初めて聞いたこの説を面白く思って言葉を切った。(後略)」

【2016年8月24日追記】
事例掲載後,下記のブログに「ラムネ瓶のロケットとビー玉の地球」というタイトルの記事がある,
という情報が図書館に寄せられました。ビードロ説,B玉説の両方について記述されています。
情報提供に感謝します。

きっこのブログ
2016.07.21付け記事
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2016/07/post-5e60.html
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
高校生
登録番号
(Registration number)
1000192260解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!