このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000142459
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2013-089
事例作成日
(Creation date)
2012年03月13日登録日時
(Registration date)
2013年12月26日 16時19分更新日時
(Last update)
2014年03月26日 15時35分
質問
(Question)
紀貫之の「大井川行幸和歌序」で活字で読むことができる資料がほしい。
回答
(Answer)
『古今著聞集 下』(新潮社 1986)p147-p148に「大井川行幸和歌序」の活字文あり。
《wikisource》〈大井川御幸和歌序〉( http://ja.wikisource.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%BA%95%E5%B7%9D%E5%BE%A1%E5%B9%B8%E5%92%8C%E6%AD%8C%E5%BA%8F  クリエイティブコモンズ 2014/03/25最終確認)
回答プロセス
(Answering process)
自館目録を(全項目)〈大井川行幸和歌序〉で検索する。
『文栞 巻之1 下 歌集序』(明阿弥陀佛〔編〕 須原屋市兵衛 1778(安永7))「大井川行幸和歌序」あり。ただし「活字」ではない。
自館目録を〈紀貫之〉で検索するが該当なし。
『紀貫之全歌集総索引』(大学堂書店 1983)
『紀貫之 日本詩人選7』(筑摩書房 1973)
『紀貫之論』(有精堂出版 1984)
『紀貫之 王朝の歌人4』(集英社 1985)

ウェブサイトを調査する。
《日本古典籍総合目録》を〈大井川行幸和歌序〉で検索する。
 「大井川行幸和歌序 ( おおいがわぎょうこうわかじょ ), K, 1」(延喜七) 活字は「扶桑拾葉集 上」とあり。

「扶桑拾葉集 上」の所蔵調査
自館目録を(全項目)〈扶桑拾葉集〉で検索する。
 『大日本史と扶桑拾葉集』(梶山孝夫著 水戸史学会 2002)に該当なし p102に「大井川行幸和歌序」とあるだけ。
 その他「続扶桑拾葉集」はヒットするが、「扶桑拾葉集」は上記資料程度。
《NDL-OPAC》を〈扶桑拾葉集〉で検索する。
「扶桑拾葉集」(徳川光圀編 石塚猪男蔵 明31.10)国会図書館館内でのみデジタルデータ閲覧可能資料

《Wikipedia》を〈紀貫之〉で検索する。( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%80%E8%B2%AB%E4%B9%8B  クリエイティブコモンズ 2014/03/25最終確認)
 作品「大井川御幸和歌序:『古今著聞集』巻第十四遊覧廿二に載る。」とあり。
『古今著聞集』巻第十四の所蔵調査
 『古今著聞集 下』(西尾光一校注 小林保治校注 新潮社 1986)p139-「第十四遊覧第二十二」
  p147-p148に「大井川行幸和歌序」の活字文あり。これを提供する。
事前調査事項
(Preliminary research)
《古典籍総合データベース》に画像の公開がある。( http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/index.html  早稲田大学 2014/03/25最終確認)
NDC
詩歌  (911 9版)
稀書目録.善本目録  (026 9版)
参考資料
(Reference materials)
『古今著聞集 下』(新潮社 1986), ISBN 4-10-620376-6
キーワード
(Keywords)
大井川行幸和歌序
大井川御幸和歌序
紀貫之
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000142459解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ