このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000087261
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00179
事例作成日
(Creation date)
2011年04月27日登録日時
(Registration date)
2011年06月10日 16時15分更新日時
(Last update)
2015年07月13日 15時52分
質問
(Question)
日本の「図書館法」について、その歴史、特色、意義がわかるような文献を教えてほしい。
回答
(Answer)
下記の資料を紹介した。

◆図書館法そのものが主題の資料
『新図書館法と現代の図書館』 塩見昇ほか 日本図書館協会 2009
『図書館法を読む 補訂版』 森耕一 日本図書館教会 1995
『図書館法成立史資料』 日本図書館協会 1968
『図書館法』 西崎惠 日本図書館協会 1991
『図書館法研究』 日本図書館協会 1980

◆図書館と法をテーマに書かれた資料
『図書館と法』 鑓水三千男 日本図書館協会 2008
 p27~「図書館と図書館法」に図書館法の基本的な考え方が記されている。
『図書館を支える法制度』 日本図書館情報学会研究委員会 学誠出版 2002
 p25~「図書館法50年-その歩みと課題-」に図書館の意義・歴史等がまとめられている。

◆その他
『図書館概論』 大串夏身ほか 学文社 2010
 p53~「日本の図書館法」の項
『変革の時代の公共図書館』 日本図書館情報学会研究委員会 勉誠社 2008
 p57~ 図書館法改正について
『図書館概説 現代の図書館』 藤野幸雄 勉誠社 1998
 p50~「図書館法と学校図書館法」の項
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
図書館政策.図書館行財政  (011)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
図書館法
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000087261解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ