このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000044479
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
C2008F0276
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2008年05月31日 02時10分更新日時
(Last update)
2012年03月21日 11時18分
質問
(Question)
中国における感染病、伝染病の発生状況の件数について知りたい。
回答
(Answer)
(【】内は当館請求記号)
中国における感染症、伝染病の発生件数ですが、WHO(World Health Organization)のインターネットサイトに、ジフテリア(Diphtheria)、はしか(Measles)、流行性耳下腺炎(Mumps)、百日咳(Pertussis)、急性灰白髄炎(Polio)、風疹(Rubella)、破傷風(Tetanus)、黄熱病(Yellow fever)、HIV/AIDS/STIsの発生件数が掲載されています。
・Global Health Atlas
( http://www.who.int/globalatlas/dataQuery/default.asp )
“Select a topic”で病名を選択し、”Choose geographical area”でChinaを選択してください。
 その他、次の資料に発病率が掲載されています。
・『世界ヘルスケア・医療統計データ. 2006年』(エムディーアイ・ジャパン 2005 【EG211-H130】 科学技術・経済情報室開架資料)
p.B-3の「中国」の項目に、「感染症による発病及び死亡(2003年)」という欄があり、病
毒性肝炎、肺結核、赤痢、淋病、はしか、梅毒、腸チフス・パラチフス、マラリア、出血
熱、猩紅熱について、人口10万対発病率が掲載されています。
・『中国統計年鑑 2007』(中国統計出版社 2007 【Z41-AC65】 科学技術・経済情報室開架資料)
p.875の「22-37 法定報告伝染病発病及死亡情況(2006年) Incidence and Death from
Infectious Diseases(2006)」という項目に、ペスト(The Plague)、コレラ(Cholera)、ウイ
ルス性肝炎(Viral Hepatitis)、赤痢(Dysentery)、腸チフス・パラチフス(Typhoid and
Paratyphoid Fever)、エイズ(AIDS)、淋病(Gonorrhea)、梅毒(Syphilis)、急性灰白髄炎
(Poliomyelitis)、麻疹(Measles)、百日咳(Pertussis)、ジフテリア(Diphtheria)、流行性脳炎
(Epidemic Encephalitis)、猩紅熱(Scarlet Fever)、出血熱(Hemorrhage Fever)、狂犬病
(Hydrophobia)、レプトスピラ病(Leptospirosis)、ブルセラ症(Brucellosis)、炭疸病(Anthrax)、
B型脳炎(Encephalitis B)、住血吸虫病(Schistosomiasis)、マラリア(Malaria)、デング熱
(Dengue Fever)、新生児破傷風(Newborn Tetanus)、肺結核(Pulmonary Tuberculosis)、
SARS、高病原性鳥インフルエンザ(HpAI)について、人口10万対発病率、死亡率および病
死率が掲載されています。
 なお、中華人民共和国国家統計局( http://www.stats.gov.cn )のHP内でも、1996年から2007年までの内容が掲載されており、データを英文で見ることができます。参考までに、2007年版の「22-37 Incidence and Death from Infectious Diseases (2006)」のURLを下記にお知らせいたします。
http://www.stats.gov.cn/tjsj/ndsj/2007/html/V2237e.htm
『中国統計年鑑 2007』(既出)のp.105によると、2006年における中国の人口は13億1,448万人のようです。この人口と人口10万対発病率を計算すると、おおよその発病件数は算出できると思われます。
 『中国統計年鑑』は、中国語・英文併記資料であり、ここでご紹介しました病名等は、英
文を和訳したものですので、その点につきましてはご了承ください。
 インターネットの最終アクセス日は、平成20年4月10日です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
調査済み資料=中国衛生情報(インターネット情報)、NDL-OPAC;照会済み機関=兵庫県立図書館(回答なし)
NDC
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
医療
統計
中国
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
公共図書館
登録番号
(Registration number)
1000044479解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!