このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000237783
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000038401
事例作成日
(Creation date)
2018/01/22登録日時
(Registration date)
2018年07月01日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年07月10日 11時00分
質問
(Question)
ロシアの金鉱山について知りたい。とくに、満州との国境付近にあった、カラ金山について載っている資料はないか。
回答
(Answer)
『ロシア歴史地図』(東洋書林)p79
『シベリアと流刑制度Ⅱ』(法政大学出版局)ジョージ・ケナン著
回答プロセス
(Answering process)
『世界地誌シリーズ 9 ロシア』p27
ロシアの主な鉱工業の分布地図あり。

『ロシア極東ハンドブック』p76
金の埋蔵量が多い地区について記載あり。

『資源大国ロシアの実像』p177~
鉄鉱石鉱山についての記載あり。

「カラ金山」については記載なし。

『ロシア歴史地図』p79
シベリア横断鉄道1891-1917年の地図上に、「カラ」あり。カラでの金鉱採掘には、囚人が従事。カラ送りになることは、ツァーリ時代にもっとも恐れられてたことが書かれている。

『シベリアに眠る日本人』
p142~「皇帝の流刑制度とスターリンのラーゲリ制度」の章の中で、ジョージ・ケナン著「シベリアと流刑制度」についての記載あり。

『シベリアと流刑制度Ⅱ』ジョージ・ケナン著
第5章「カラの金鉱監獄」
第6章「カラの「自由組」」
第7章「カラの国事犯たち」
第8章「カラ政治監獄の歴史」


▽グーグルブックスで「カラ鉱山」を検索

『寒村自伝 下巻』p63
カラ鉱山から脱獄したムィシキンについて記述あり。「リョフ・デイチは、著書『シベリアの十六年』の中でカラ監獄政治囚の、有名なハンガー・ストライキと集団自殺とを詳述している」とある。

▽『シベリアの十六年』を検索。邦訳されたものは見つからず。
 『Sixteen years in Siberia』 Leo Deutsch ; translated by Helen Chisolm
 国会図書館所蔵。





その他あたった資料
『ロシアの歴史』(河出書房新社)
『イヴァン雷帝』成文社 
『ロシア史 1』(山川出版社)
『ロシア史2』(山川出版社)
『図説帝政ロシア』(河出書房新社)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
ロシア  (238)
アジア  (292)
参考資料
(Reference materials)
『ロシア歴史地図』 マーチン・ギルバート/著 東洋書林
『シベリアと流刑制度2』 ジョージ・ケナン/[著] 法政大学出版局
キーワード
(Keywords)
ロシア(ロシア)
歴史(レキシ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000237783解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!