このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000253853
提供館
(Library)
茨城県立図書館 (2110017)管理番号
(Control number)
茨城-2018-091
事例作成日
(Creation date)
2018/07/14登録日時
(Registration date)
2019年03月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年03月27日 15時34分
質問
(Question)
茨城の天然砥石について,町村誌や資源・民俗調査報告などで発見の伝承、操業の沿革などを伝えた資料を探している。「砥石」「砥石山」「砥山」などの単語を含む文献資料があれば知りたい。
回答
(Answer)
ご質問のありました「茨城県内の砥石」について,次のとおり回答しますのでご確認ください。
なお,当館では,合理的な検索手段がなく通読による調査はいたしかねます。
目次に関連する箇所がある場合のみ確認していますので,ご了承ください。

また,書名の下のリンクは,国立国会図書館サーチの書誌情報へのリンクです。
右側の「見る・借りる」の各館リンクをクリックすると,それぞれの図書館の書誌情報にリンクします。閲覧される際の参考にしてください。

A 勧業博覧会リストに掲載の市町村史誌等の調査
(a) 堤上村・久原村 →旧:岩瀬町→現:桜川市
△(1)『岩瀬町史 通史編』(岩瀬町,1987)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I002601362-00
 国会図書館デジタル送信対象資料。東京都立中央図書館所蔵あり。
第5編 近世の岩瀬地方 第4章 流通経済と岩瀬 
砥石については記載なし。
第6編 近代の岩瀬 第7章 明治期の文化活動
p.897-899「桜川事蹟考の内容」の項に,「桜川につきての名産品」あり(p.897)との記述あり。

×(2)『桜川事蹟考』(石倉重継/著,幽調館,1895)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001674849-00
 国会図書館デジタル送信対象資料
p.35-36「櫻川に縁ある名産品」に「櫻川硯石」の解説あり。
砥石については記載なし。

×(3)「桜川事蹟考と石倉重継」(仲根 隆淳/著,2002,『岩瀬町史研究 第2号』所収)
 「岩瀬町史研究」
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000035395-00
 国会図書館所蔵あり。
名産品の内容については説明なし。

(b) 赤沢村 →旧:桂村・七会村→現:城里町
○(4)『七会村の歴史』(七会村史編纂委員会/編集,七会村,2005)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007630290-00
 国会図書館・東京都立中央図書館所蔵あり。
第4章 近世 第5節 村方騒動と村境争い p.108-111
小項目に「赤沢村」の名がでてきたので確認しましたが,砥石に関する記述はなし。
第6節 村の諸産業と交通・運輸 p.112-124
p.112 「水府志料」に記載の七会村域の金石類について「七会村域に関しては、金が金沢、高野、塩子等の村に産すと説明があり、以下鉛・銀・錫・石英・松煙が塩子村に出る」と記述あり。
続いて「高取鉱山」と「硝石」について項がありますが,砥石については記載なし。
第5章 近代 第5節 明治期の諸産業と村民生活 p.179-187
p.179『茨城県町村沿革誌』(明治30年)で引用されている物産の解説に「砥石」がありますが,「産出少ナクシテ挙クルニ足ラス」とあります。
p.187「タングステンの発見と高取鉱山の開発」の項あり。砥石については記述なし。


○(5)『茨城県町村沿革誌』(細谷 益見/著,細谷益見,1897)
 原本  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000425557-00
 国会図書館所蔵あり。
 復刻版  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I002621670-00
 国会図書館デジタル送信対象資料。東京都立中央図書館所蔵あり。
村ごとに物産の項目がありますが,索引がなく通読しなければならないため,恐れ入りますがご自身の目でご確認ください。

○(6)「水府志料」(小宮山楓軒/著,『茨城県史料 近世地誌編』所収,p.213-400)
 『茨城県史料 近世地誌編』(茨城県史編さん近世史第1部会/編,茨城県,1968)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I002130196-00
 国会図書館デジタル送信対象資料。東京都立中央・多摩図書館所蔵あり。
 原本  http://id.ndl.go.jp/bib/000007298916
国会図書館デジタルライブラリー(インターネット公開)
p.380-381「水府志料 物産 金石類并雑産」の項に「砥 金澤、大久保、木葉下等處ゝに産す」との記述あり(p.381)。
個々の村の説明については,恐れ入りますがご自身の目でご確認ください。
金澤→日立市・大子町にあり(出典:『角川日本地名大辞典 8 茨城県』)
大久保→現:日立市
木葉下→現:水戸市

×(7)『水戸市史 中巻 1』(水戸市史編纂委員会/編,水戸市,1968)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001127035-00
 国会図書館デジタル送信対象資料。東京都立中央図書館所蔵あり。
第4章 産業経済と交通運輸の発達 第2節 木葉下金山その他諸鉱山の採掘と鋳銭 p.486-506
「木葉下金山」の項がありますが,砥石については記載なし。
その他の流通経済・産業についての項に「砥石」について記載なし。

○(8)『水戸市史 中巻 2』(水戸市史編纂委員会/編,水戸市,1969)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001307183-00
 国会図書館デジタル送信対象資料。東京都立中央図書館所蔵あり。
第8章 享保の新政と寛延・宝暦の改革 第2節 城下町町人の訴状 農村の商業・手工業 p.157-160
p.159「享保記城下町近材農村の商人・職種」の表で,田彦村に「砥石」あり。
p.158の解説では,田彦は「水陸交通の要地の村々」とあります。
その他の流通経済・産業についての項に「砥石」について記載なし。
田彦村 →旧:勝田市→現:ひたちなか市

×(9)『勝田市史 中世編・近世編』(勝田市史編さん委員会/編,勝田市,1978)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I002590362-00
 国会図書館デジタル送信対象資料。東京都立中央図書館所蔵あり。
近世の流通経済・産業についての項を確認しましたが,「砥石」については記載なし。

○(10)『水戸市史 中巻 4』(水戸市史編纂委員会/編,水戸市,1982)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001231160-00
 国会図書館デジタル送信対象資料。東京都立中央図書館所蔵あり。
第20章 安政の改革 第8節 安政改革期の産業経済政策 
石場会所の営業 p.721-724,堺会所における国産物販売 p.722-726
江戸・大坂の会所の営業範囲の品目の中に,「砥」「砥石」あり(p.722,725)。産地については記載なし。

×(11)『桂村史 通史編』(桂村史編さん委員会/編,桂村,2004)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007683140-00
 国会図書館・東京都立中央図書館所蔵あり。
第3編 近世 第3章 産業と交通の発達 第2節 諸産業の発展 p.237-244
「錫」「銀」「鉄」については解説がありますが,「砥石」はなし。
第4編 近代 第3章 明治の御代の諸相 第1節 産業と交通 p.364-376
p.373-374「岩船石と高根石」の項に,岩船石・高根石・黒みかげについて解説がありますが,「砥石」はなし。

×(12)『桂村郷土誌 三訂版』(桂村郷土誌編さん委員会/〔編〕,茨城県東茨城郡桂村教育委員会,1998)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002746028-00
 国会図書館・東京都立中央図書館所蔵あり。
5 水戸藩と郷土 (2) 錫鉱発掘
砥石については記載なし。
13 郷土の産業 
(4) 工業 p.253-256
p.255「業種別事業所数」(平成6年工業統計調査)の一覧に「窯業・土石製品製造業 4事業所」とありますが,詳細は記載なし。
(5)鉱業 p.257-263
砥石については記載なし。

(c) 成沢村 →現:日立市
○(13)『日立市史』(日立市史編さん会 編,日立市,1959)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000991849-00
 国会図書館デジタル送信対象資料。東京都立中央図書館所蔵あり。
第一篇 明治以前の日立 第七章 日立地方の産業 二 鉱工業
p.398-399「砥石」の項目あり。
第二篇 明治以後の日立 第五章 日立地方における産業の発達 一 鉱工業の発達
p.605「砥石採掘事業」の項目あり。

○(14)『新修日立市史 上巻』(日立市史編さん委員会 編,日立市,1994)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002392415-00
 国会図書館・東京都立中央図書館所蔵あり。
近世 第4章 農村の変容と藩の対応 第四節 産業の発達 
p.591-597「鉱工業の発達」の項に砥石について書かれた部分あり(p.593-594)。

×(15)『新修日立市史 下巻』
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002518213-00
 国会図書館・東京都立中央図書館所蔵あり。
目次より「鉱工業」「勧業政策」等の項を確認しましたが,砥石について書かれた部分はなし。


B 当館OPACにて「砥石」「砥石山」「砥山」で検索
○(16)「聞き書き 砥石山の経営」(朝日忠蔵/述,『日立市郷土博物館紀要 4』(1984)所収,p.50-61)
 「日立市郷土博物館紀要」(日立市郷土博物館)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000037582-00
 国会図書館所蔵あり。
採石は「諏訪の国有林の堂平」との記述があります。

○(17)「白色流紋岩製砥石石材探索記」(佐々木義則/著,『婆良岐考古 第39号』(2017)所収,p.61-72)
 「婆良岐考古」(婆良岐考古同人会)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024864635-00
 国会図書館所蔵あり。
「日立産変成岩製砥石」「山方産凝灰岩製砥石」の記述あり。

○(18)『武田石高遺跡 奈良・平安時代編第2分冊』(ひたちなか市文化・スポーツ振興公社/編,ひたちなか市教育委員会,2000)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002888579-00
 国会図書館所蔵あり。
p.273-290「岩質・形態からみた武田石高遺跡出土砥石の特徴」
p.273「山方産凝灰岩製砥石」の分布について「大子町大円地付近から金砂郷町西金砂山付近」で産出とされています。
山方町 →現:常陸大宮市
大子町(現在もそのまま)
金砂郷町 →現:常陸太田市
p.281「水戸産珪質頁岩製の砥石」に,水戸市成沢町付近(木葉下)記載あり。
p.281「つくば産雲母片岩製の砥石」については,産地不明。

×(19)『山方町誌 上巻』(山方町史編さん委員会/編,〔茨城県那珂郡山方町文化財保存研究会〕,1977)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I002601025-00
 国会図書館デジタル送信対象資料。
産業・村落についての部分を確認しました。
鉱石・硯石・火打石については記載がありますが,砥石はなし。

×(20)『山方町誌 下巻』(茨城県那珂郡山方町文化財保存研究会/編,山方町文化財保存研究会,1982)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I062819602-00
 東京都立中央図書館所蔵あり。
勧業・工業に関する部分を確認しました。
硯石についての記載はありますが,砥石はなし。

×(21)『大子町史 通史編 上巻』(大子町史編さん委員会/編,大子町,1988)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I002611767-00
 国会図書館デジタル送信対象資料。東京都立中央図書館所蔵あり。
第4編 近世 第3章 社会と経済 第2節 産業の発達 p.507-544
金鉱についての記述はありますが,砥石はなし。

×(22)『大子町史 通史編 下巻』(大子町史編さん委員会/編,大子町,1993)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I002632099-00
 国会図書館デジタル送信対象資料。東京都立中央図書館所蔵あり。
第5編 近代 第2章 日露戦争前後の大子地方 第4節 諸産業の概況と生産、生活 4 馬産と商工業、鉱業 p.194-206
金鉱のみ。砥石については記載なし。

×(23)『金砂郷村史』(金砂郷村史編さん委員会/編集,金砂郷村,1989)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002016398-00
 国会図書館・東京都立中央図書館所蔵あり。
産業に関する部分を確認しましたが,砥石については記載なし。

○(24)「島名八幡前遺跡出土の近世砥石の再検証」(菊池 直哉/著,『埋蔵文化財年報 26(平成18年度)』(2007)所収,p.163-170)
 「埋蔵文化財年報」(茨城県教育財団)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009204143-00
 国会図書館所蔵あり。
「山方産凝灰岩製砥石」の記述あり。


C 産業・民俗調査報告書等
○(25)『茨城の諸職 諸職関係民俗文化財調査報告書』(茨城県教育委員会,1989)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001996362-00
 国会図書館・東京都立中央図書館所蔵あり。
p.122「砥石製造」に日立市成沢町の「助川青砥」があります。

○(26)『茨城の産業』(河本 幸郎/著,小平記念会 1978)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002962061-00
 国会図書館所蔵あり。
第8章 石材産業 p.126-140
p.137「砥石と滑石」の項で,日立市の青砥について解説されています。

○(27)『茨城の伝統産業』(茨城県高等学校教育研究会商業部/編,茨城新聞,1978)
  http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I043671865-00
 東京都立多摩図書館所蔵あり。
p.45-46「日立の青砥-日立市」
p.139-142「岩瀬の砥石-岩瀬町」
日立と岩瀬の砥石について解説されています。


その他確認したが,記述のなかった資料
×(28)『水戸市史 上巻・中巻3・5,下巻1-3』(水戸市史編纂委員会/編,水戸市)
×(29)『木葉下遺跡』(茨城県教育財団/編,茨城県教育財団,1982)
×(30)『桜川昔ばなし抄』(福島 護/著,〔福島紀美江〕,2007)
×(31)『桂村郷土誌 二訂版』(桂村教育委員会/編,桂村教育委員会,1978)
×(32)『桂村郷土誌』(桂村郷土誌編さん委員会/編集,桂村教育委員会,1967)
×(33)『地場産業実態調査報告書』(常陽産業開発センター/〔編〕,常陽産業開発センター,1981)
×(34)『茨城県農業史料 地場産業編』(茨城県農業史研究会/編,茨城県農業史編さん会,1985)
×(35)『茨城の職人百景』(岡村 青/著,崙書房,1985)
×(36)『職人くさぐさ』(佐賀 純一/編,筑波書林,1982)
×(37)『職人・職業漫筆』(秋山 桑人/著,筑波書林,1990)
×(38)『職人・職業漫筆 続』(秋山 桑人/著,筑波書林,1993)
×(39)『職人職業漫筆 続々々』(秋山 桑人/著,STEP,2000)
回答プロセス
(Answering process)
(1)出典資料を確認→『明治前期産業発達史資料 第7集 第1』(国会図書館デジタル送信対象資料) 156-163コマ
  http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2468356
『角川日本地名大辞典 8 茨城県』→成瀬村:筑波郡,成沢村:多賀郡
p.1444 成沢村(日立市)の小字一覧に「東八窪」あり。
→質問者に確認し,成沢村で調査する同意を得る。

(2)該当市町村史を確認

(3)OPACにて「砥石」「砥石山」「砥山」で検索

(4)産業・民俗調査報告書と,それぞれの書架のブラウジングより関連しそうな図書を確認
事前調査事項
(Preliminary research)
天然砥石について調べていて、目下東日本の産地のチェックリストを作成中である。
国会図書館からもらった明治十年勧業博覧会のリストには、茨城県の砥石産地として次の3か所が記載されている。
桜川市堤の上(常陸国茨城郡堤上村字大沢山)
桜川市久原 (常陸国茨城郡久原村) これは前者の販売業者で、同一鉱山と思います。
東茨城郡城里町赤沢(常陸国茨城郡赤沢村字本内山)
常陸国多賀郡成瀬村字東入久保  これの現在の行政区は不明

砥石は日用品ゆえ 手近かの所から採取して使う例が多く、県内にはもっと沢山の産地があると推察する。
NDC
金属製品  (581 9版)
関東地方  (213 9版)
産業史.事情.物産誌  (602 9版)
参考資料
(Reference materials)
七会村の歴史七会村史編纂委員会/編集七会村
茨城県町村沿革誌細谷 益見/著細谷益見
茨城県史料近世地誌編茨城県史編さん近世史第1部会/編茨城県
水戸市史中巻2水戸市史編さん委員会/編水戸市役所
水戸市史中巻4水戸市史編さん委員会/編水戸市役所
日立市史日立市史編さん委員会/編日立市
新修日立市史上巻日立市史編さん委員会/編日立市
日立市郷土博物館紀要4日立市郷土博物館/編日立市郷土博物館
婆良岐考古第39号婆良岐考古同人会
武田石高遺跡奈良・平安時代編第2分冊ひたちなか市文化・スポーツ振興公社/編ひたちなか市教育委員会
年報26(平成18年度)茨城県教育財団/編集茨城県教育財団
茨城の諸職茨城県教育委員会
茨城の産業河本 幸郎/著小平記念会
茨城の伝統産業茨城県高等学校教育研究会商業部/編茨城新聞
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000253853解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!