このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000167187
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2014-170
事例作成日
(Creation date)
2014年08月13日登録日時
(Registration date)
2015年02月03日 16時13分更新日時
(Last update)
2015年05月01日 16時34分
質問
(Question)
水墨人物画での「故事人物画」、「道釈人物画」の区分け方について知りたい。道釈人物画を広い意味で故事人物画と表してもよいのか。
回答
(Answer)
水墨人物画での「故事人物画」、「道釈人物画」の区分けについて、明確な記述は確認できなかった。
回答プロセス
(Answering process)
NDC分類〈722.2〉〈702.1〉の資料を調べる。
『中国絵画史事典』(王伯敏著 雄山閣出版 1996)
 p218 下段「また南宋の梁楷の水墨による簡潔な人物画は、創新の精神に富み、絵画史のうえで重視されることとなった。」とあり。
『日本美術史事典』(平凡社 1987)
 p657「道釈画」の項目あり。「中国における道教および仏教に関する絵画の総称。「故事人物画」に関する記述、項目なし。
『日本美術用語辞典 和英対照』(東京美術 1990)
 p459〈道釈人物画〉「道釈とは、道教・釈家を指すが、(中略)これら儒仏道に関する人物を画題としたもの。」「故事人物画」に関する記述、項目なし。
『中国絵画史事典』(王伯敏著 雄山閣出版 1996)
 p127〈唐代の人物画〉に、「(前略)道釈画のほかに、肖像、仕女画が一時風靡したが、その他の歴史故実を書いたものなどもみられ」との記述あり。
『日本美術館』(小学館 1997)
 p785〈道釈人物画〉の注として「道教や仏教に関する人物画のこと。主に神仙や仏教の羅漢、観音を主題とした。」とあり。「故事人物画」に関する記述、項目なし。
『仏教美術事典』(中村元監修 東京書籍 2002)
 〈道釈人物画〉比較的詳しい解説があるが、「故事人物画」に関する記述なし。索引に項目なし。
『すぐわかる水墨画の見かた』(東京美術 2005)
 p84 北宋の皇帝のコレクションを記した『宣和画譜』(1120年序)による絵画分類は、道釈、人物、宮室(=皇帝関係)、番族、龍魚、山水、蓄獣、花鳥、墨竹、蔬果の10種類である。「故事人物画」に関する記述、項目なし。
『中国絵画の源流』(王凱著 秀作社出版 2014)
 p191 中国絵画の専門用語〉中に「道釈画」あり。「故事人物画」に関する記述、項目なし。

《Google》( https://www.google.co.jp/  Google 2014/08/13最終確認)を〈故事人物画〉で検索する。
《サントリー ニュースリリース》に「「出逢いと語らい ― 故事人物画と物語絵― 仙人・楊貴妃・光源氏 ― 」展を開催(サントリー美術館 2000)」の記事あり。( http://www.suntory.co.jp/news/2000/7707.html  サントリー 2014/08/13最終確認)
 「故事人物は、昔から伝えられてきたいわれのある人々を指します。中国の故事に由来する「寒山拾得(かんざんじっとく)」、「虎溪三笑(こけいさんしょう)」、「琴棋書画(きんきしょが)」などの仙人、高士(こうし)、祖師(そし)、道釈(どうしゃく)人物は我が国でも広く知られています。あるいは「玄宗楊貴妃」や我が国の「源氏物語」や「平家物語」などの説話や物語に登場する男女もまた、それぞれ古くから親しまれてきました。彼らは必ずしも実在した人物とは限らず、空想の物語や伝説の主人公である場合もありますが、時代を経るごとに物語や芸能、美術に不滅の生命を得て、後の世を生きる人々の範となり、またつよい憧れの対象となりました。そして、絵画の主題としても古くから度々取り上げられ、理想の姿として広く深く愛好されてきました。」とのこと。

調査済資料
『中国絵画の歴史と鑑賞 新編訳注甌香館画跋』(毛利和美訳著 二玄社 1985)
『中国人物画の描法』(馬驍著 日貿出版社 1983)
『中国絵画の流れ 上古から現代まで』(任道斌著 露満堂 1997)
『水墨画のすすめ』(豊島宗七著 秀作社出版 1997)
『中国絵画のみかた』(王耀庭著 二玄社 1995)
事前調査事項
(Preliminary research)
調査済資料 「水墨画入門 」(山下裕二著 淡交社 2004)、『水墨美術大系 14』(講談社 1977)、『日本美術絵画全集 23』(辻惟雄著 集英社 1977)
NDC
東洋画  (722 9版)
芸術史.美術史  (702 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
水墨画
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000167187解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!