このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000259997
提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-19-021
事例作成日
(Creation date)
20190809登録日時
(Registration date)
2019年08月09日 12時38分更新日時
(Last update)
2019年08月28日 14時55分
質問
(Question)
島崎藤村(しまざきとうそん)『千曲川のスケッチ』中の「一ぜんめし」という項に、「蕎麦はもとより名物だ。酒盛の後の蕎麦振舞と言えば本式の馳走に成って居る。」と登場する蕎麦振舞(そばふるまい)とはどのようなものか。岩手県のわんこそばのルーツとして「そば振舞」というものがあるが、同じように半ば強制的にお代わりを勧める食べ方なのか。
回答
(Answer)
・『そば事典 味覚選書』 植原路郎著 柴田書店 1975 【596/196】 p.31、108 ※【】内は県立長野図書館の請求記号
 蕎麦振舞:秋の収穫が終わってからの骨休めである。最初に酒が少々出ることを「そば前」という。そばを味わう集まりだから、そばが運ばれてきたら、酒盃は遠慮する。「中割」といって、そばの途中で酒が出ることもある。最後に出るお酒を「箸洗い」という。酒盛りではないから、酒はほどほどにすべきもの。酒の肴にも蕎麦の香を損なうようなつまみ物や料理は出さない。ただし鯉だけは使うことがある。
 縁者呼び:北陸地方で正月に行う「蕎麦振舞」で、この時は「どうぞ、どうぞ」と止めどなくサービスする。呼んだ方にはこのようにするのがサービスであるいう風習が残っている。

 このように「蕎麦振舞」とは、催しの一つとされているようだ。ただし、北陸地方や能登では「縁者呼び」といわれ、岩手県のわんこそばのルーツと同じような意味となる。

・『蕎麦辞典』 植原路郎著 東京堂出版 2002 【596.3/ウロ】 p.43、44、142
 蕎麦振舞:この催しは蕎麦処では、どこでも行われるが、信州、上越、能登などでは、特色ある催しとされている。
・『蕎麦の事典』 新島繁著 柴田書店 1999 【383.8/ニシ】 p.132
 蕎麦振舞:蕎麦処でみられる風習で一部では「縁者呼び」と言われている。

章の一部で「蕎麦振舞」について記載があった資料
・『そば・風味風習』 植原路郎著 ダヴィッド社 1957 【383/38】 p.126
・『そば物語』 植原路郎著 井上書房 1959 【596/39】 p.73

調査済み資料
・『物語・信州そば事典』 中田敬三著 郷土出版 1998 【N596/74】
・『蕎麦史考』 新島繁著 錦正社 1975 【383.8/ニシ】
・『そば風土記』 植原路郎著 毎日新聞社 1974 【596/182】
・『蕎麦談義』 植原路郎著 東京堂出版 1973 【596/163】
・『長野県史 民俗編 第1巻(1)東信地方 日々の生活』 長野県編 長野県史刊行会 1986 【N209/11-3/1-1ア】
・『長野県史 民俗編 第4巻(1)北信地方 日々の生活』 長野県編 長野県史刊行会 1984 【N209/11-3/4-1ア】
・『小諸市誌 歴史篇1』 小諸市誌編纂委員会編 小諸市教育委員会 1979 【N222/43/2-1】
・『小諸市誌 歴史篇2』 小諸市誌編纂委員会編 小諸市教育委員会 1984 【N222/43/2-2】
・『小諸市誌 歴史篇3 近世史』 小諸市誌編纂委員会編 小諸市教育委員会 1991 【N222/43/2-3】
・『小諸市誌 近現代篇』 小諸市誌編纂委員会編 小諸市教育委員会 2003 【N222/43/4】
回答プロセス
(Answering process)
1 当館の検索システムで「蕎麦振舞」、「そば ふるまい」と検索するがヒットしない。
2 郷土資料の5類(596:食品)の資料を見たが、「蕎麦振舞」に関する資料は見つからなかった。
3 『長野県史』、『小諸市誌』を見たが、「蕎麦振舞」に関する記載は見つからなかった。
4 当館の検索システムで「そば 歴史」と検索すると、『そば事典』が見つかり、「蕎麦振舞」に関する記載が確認できた。「蕎麦振舞」は上越や長野では催しの一つとされていることがわかったため、詳しい内容も含めて回答した。
5 4の手順で見つかった『蕎麦の事典』に「蕎麦振舞」は一部の地域で「縁者呼び」ともいわれることがわかった。「蕎麦振舞」と合わせて回答した。
6 前記の『そば事典』、『蕎麦の事典』の著者が植原路郎であるため、当館の検索システムで「植原路郎」で検索して、「蕎麦振舞」に関する記載が見つかったので、合わせて回答した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596)
衣住食の習俗  (383)
参考資料
(Reference materials)
植原路郎著 , 植原, 路郎. そば事典. 柴田書店, 1975. (味覚選書,) 【596/196】
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I008144923-00
植原路郎 著 , 植原, 路郎, 1894-1983. 蕎麦辞典 改訂新版. 東京堂出版, 2002. 【596.3/ウロ】
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003662889-00 , ISBN 4490106041
新島繁 編著 , 新島, 繁, 1920-2001. 蕎麦の事典. 柴田書店, 1999. 【383.8/ニシ】
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002839404-00 , ISBN 4388058521
植原路郎 著 , 植原, 路郎, 1894-1983. そば : 風味・風習. ダヴィッド社, 1957. 【383/38】
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000973797-00
植原路郎 著 , 植原, 路郎, 1894-1983. そば物語. 井上書房, 1959. 【596/39】
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000998953-00
キーワード
(Keywords)
蕎麦振舞
縁者呼び
植原路郎
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000259997解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!