このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000247120
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M18010716487724
事例作成日
(Creation date)
2018/02/01登録日時
(Registration date)
2018年12月05日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年12月05日 00時30分
質問
(Question)
大きな駅や空港などにある動く床のしくみやその起源、エスカレーターとのちがいを知りたい。
回答
(Answer)
①では中部国際空港の設計を例に、搭乗するまでの一連の移動経路の円滑化や歩行距離の短縮化をコンセプトに、動く歩道を設置した事例を挙げている。
動く歩道のしくみについて「エスカレーターの階段(ステップ)を平らに連続させたものともいえる。装置としては、ベルトコンベアに類似しているが、人間用の輸送機器である。なお、動く歩道の型式には、エスカレーターの水平化ともいえる「パレット式」とベルトコンベア式の「ゴムベルト式」が存在する。大きな手荷物を持ち、使い方がハードなチェックイン前のエリアには「パレット式」、チェックイン後のエリアには「ゴムベルト式」を採用した。また、緩やかな傾斜をもたせることもできる。」との説明がある。
その他、乗降部に水平部分を設ける、速度の調整、照明の配置、固定手すりや音声案内の設置など利用支援における様々な工夫と検証が写真つきで紹介されている。

②では「うごく歩道は水平型エスカレーター」「金属板(パレット)をつなげた方式と、ゴムベルトを使った方式の2種類があります。エスカレーター方式のしくみは、エスカレーターのステップとちがい、パレットがつねに水平になるように回転させます。ゴムベルト方式は、ベルトをささえるローラーをゴムベルトの下に配置し、回転させてゴムベルトをうごかします。」とある。またゴムベルト方式の図解や、実物のうごく歩道の写真もエスカレーター方式とベルト方式のそれぞれ1枚ずつ掲載されている。

③では「大きな駅や空港などにある動く歩道は、階段ではないが、エスカレーターと同じしくみで動く。」とある。また、1970年の大阪万博にて「広い会場を移動するための動く歩道は話題を呼び、日本各地に設置されるきっかけとなった。」という記述もある。また、日本にはじめてエスカレーターが設置されたのは「1914年、東京・日本橋のデパートにはじめて取り付けられた。」との記述もある。

④では動く歩道のはじまりについて「1900年ごろのこと。エスカレーターとエレベーターが発明されて数年たつと、人々は動く歩道ができないかと考えるようになった。とくに大都市の人々はこのアイデアにきょうみをもった。」と書かれている。更に「動く歩道は、どれもきれ目なく回転するベルトでできている。」「動く歩道には、途中ではやさがかわるものもある。のるところと、おりるところだけはゆっくりと動き、途中ははやく動く。のりおりするときにスピードが出ていると、ころんでしまうからだ。」という説明がある。
⑤では、階段式エスカレーターのしくみについて「ブルドーザーもエスカレーターも、輪にした鎖(チェーン)を鎖歯車(スプロケット)にかけて動かしています。チェーンのつなぎ目と鎖歯車の歯がかみ合うため、鎖歯車を回すとチェーンが順に送られ、回転運動を直線運動に変えることができるのです。このような鎖と鎖歯車の動きを鎖伝動といいます。」という説明がある。また、内部の構造が見える図解が載っている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
建築設備.設備工学  (528 9版)
参考資料
(Reference materials)
①中部国際空港『中部国際空港のユニバーサルデザイン』鹿島出版会,2007,p.150 参照はp.28-29,p.44,p.60-63,p.87,p.97,
②こどもくらぶ『透視絵図鑑 なかみのしくみ まちなか』六耀社,2015,p.31 参照はp.18-21
③『21世紀こども百科 もののはじまり館』小学館,2008,p.223 参照はp.25
④『もののしくみ大図鑑』世界文化社,2011,1冊 参照はp.53
⑤『しくみが見える図鑑』成美堂出版,2012,p.127 参照はp.112-113
キーワード
(Keywords)
動く歩道
エスカレーター
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2018010716431887724
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
高校生, 中学生, 小学生(高学年), 小学生(低学年以下)
登録番号
(Registration number)
1000247120解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!