このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000243533
提供館
(Library)
佐賀市立図書館 (2310080)管理番号
(Control number)
20180623
事例作成日
(Creation date)
20180623登録日時
(Registration date)
2018年10月09日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年11月08日 18時45分
質問
(Question)
富士町にある麻那古(まなご)の地名の由来を知りたい。また麻那古という苗字はあるか。春日神社についても知りたい。
回答
(Answer)
『万葉集』に「麻奈胡」(まさご)という言葉が詠まれている。「麻奈胡」は「真砂」と訳され、歌では「真砂のように愛しい子」という意味で使われている。この「麻奈胡」が「麻那古」と同義ではないかという説。(「新佐賀筑後難読地名さんぽ」参照)
※ただし、確実な回答は見つけられず。

苗字について、町内には2軒ある。1軒は「麻名古」さんなので、地名を苗字にしたと思われる。地元の伝えでは、福岡県の前原から来たという話があるらしい。(「九州の苗字を歩く」参照)

(このほか参考資料)
『麻那古誌』地名の由来については曖昧。春日神社について記載あり。
『角川日本地名大辞典 41』p653~654 主に、麻那古という村の歴史の記述
『富士町史 上巻』p379~381 村絵図からみた麻那古山村の様子の記述
『富士町史 下巻』p818~822 麻那古の成り立ちと春日神社の伝説について
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
九州地方  (219 10版)
参考資料
(Reference materials)
『新佐賀・筑後難読地名さんぽ』石橋 道秀/著 佐賀新聞社 2002.1
『麻那古誌』麻那古誌編纂委員/編 富士町麻那古 1989.10
『角川日本地名大辞典 41 佐賀県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 角川書店 1982.3
『富士町史 上巻』富士町史編さん委員会/編集 発行者:富士町 富士町教育委員会 2000.3
『富士町史 下巻』富士町史編さん委員会/編集 発行者:富士町 富士町教育委員会 2000.3
『九州の苗字を歩く 佐賀・長崎編』岬 茫洋/著 梓書院 2003.5
キーワード
(Keywords)
富士町
地名
麻那古
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000243533解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!